FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

塾業界のネガティブキャンペーン

札幌エリート塾ともっとも仲良くしてくれる塾の1つである札幌クリエイト西野さん

昨日のブログに私の塾のことも
ちらっと出ていまして
あ~そうでしたね・・・
と思いだしながら読んでいましたが
私の場合は現在進行形でけっこう悪口を言われているようです。

他の塾さんが札幌エリート塾のことを
なんやかんやといっているようで
これが創設当初だけかと思いきや
今もおっしゃっていると聞きます。

それが塾の先生がおっしゃっているのか
それともそこに通う生徒さんが言っているのか
それはわかりませんが
札幌エリート塾の生徒には他塾さんのことを
あれやこれや言ってはいけない
そう伝えています。

たぶん明日もそう生徒に言います。
そりゃこんな得体の知れぬ塾に
すばらしい生徒がたくさん通っていると聞いたら
不満のひとつも言いたくなるでしょう。
でもそこはぐっとこらえて
内容で勝負ですよ。

遠くの塾さんが札幌エリート塾のHPやブログを見て
変な塾と悪口を言いいたくなる気持ちもわからないでもありません。

一方、近くにある塾さんとは
悪口をいわず正攻法で生徒がそちらに通いたいと思えるように
お互い努力しあって高めあっていきたい
そう思ってるんです。

僕が大手塾でバリバリ働いていた頃は
ネガティブキャンペーンが普通に行われていて
・・・まぁいろいろありました。

いまはそんな時代じゃないと思うんですが・・・
そもそも相手を批判するというのは
自分が高みへ登っていくことを否定し
相手を自分の位置まで引きずり下ろすという行為なのです。
そこには自分はなにも成長がないわけで
それは私も塾として、そして生徒にもしてほしくない
そう思うのです。

ただ一方、悪口を言われることは
僕はうれしい面があります。
よく芸能界で行われる嫌いなタレントランキング
その上位にくる人はだいたい好きなタレントランキングにも
名前が出ています。

つまり世間から認知されるレベルでないと
悪口・批判は起きないのです。

そう考えると
大きな塾の先生や生徒さんが
うちの塾のような
一人で運営している個人塾に注目してくれているというのは
ある意味奇跡だと思うのです。
うれしいことじゃないですか。
なにかしら脅威に感じるものがあるから
批判を言ってくれるものだと確信しています。

これがまったく無視されるようになると
知名度も下がり、風の前のちりのようになってしまうのでしょう。

その中でもおかげさまで
この小さな塾ですが今年は2人の学年1位が出まして
本日大学合格者第一号が出まして
来週の新規の無料体験の申し込みもきまして
きっと他の塾さんが札幌エリート塾の名前を広めてくれるから
勢いが衰えないのだと感謝しております。

ぜひともこれからも札幌エリート塾の名前を
いろんな形で広めていただけると
来年も広告費なしで集客できるかなと
思っております。
(ここ2年、おかげさまで新聞広告はいっさい出しておりません)
これからも何卒よろしくお願いいたします。

なお、先ほど述べましたように
私は相手をひきずりおろすというような
そういうことはせず、塾の内容で上回りたいので
他の塾を話題にすることはそう無いと思います。
ごめんなさい。
公民の経済分野の具体例で
使わせていただくことがあるかもしれません。
というぐらいです

あっ、あそこの塾さんはすごいよね~とはけっこう言わせていただいております。
これは正直な気持ちで賞賛させていただき
いつか追いつけるようにと思っています。

そしていつかお互いを否定するのではなく
認め合いながら成長しあって
生徒がどちらに通うか迷ってしまうほど
魅力的な塾であふれている
そんな業界にしたいものです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sapporoelite.blog.fc2.com/tb.php/1434-ae6941af

 ホーム