FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

7月7日の塾長会

7月7日に札幌エリート塾が呼びかけを行って
札幌や北斗市、遠くは愛知県からの塾の先生が集まって
塾長会を開きました。
ちなみに正式名称は「熟長会」といいまして
年をとって熟している塾長の集まりという意味です。
こちらをご覧になっている塾の先生はもちろん
保護者の方にもお役に立てる情報がたくさんありました。
それを書いていければと思っております。

まず参加していただいた塾さんは

学習塾カレッジさん
ユニバーサルCAIさん
学習塾ガビットさん
学習塾Grande Roueさん
学習塾アドバンスさん
学習塾アグレッシブさん
学習塾オンユアマークさん
NEXTさん
個別指導北大コーチさん
札幌クリエイト西野さん
まなびやむげんさん
北大ファイブさん
勉強会や仕事のためその後の懇親会から
参加してくださった塾の皆様です。
また、スケジュールがあわず残念ながら不参加となりましたが
情報をお寄せいただいた塾さんは

アシスト白石本郷通6丁目校さん
ウスイ学習教室さん
開智学院さん
旭川大町学習塾さん
帯広の学問のススメさん〔ホームページはありません〕


こう見てもたくさんの塾さんが力を貸してくれるようになってきました。
ありがたいことです。
あと
北海道科学大学高校の山下教頭先生
札幌創成高校の崎田先生
はいつもどおり勉強会から参加してくれましたが
なんと札幌日大高校の齋藤教頭先生が懇親会から初参加してくれました

関わってくれている塾さんの説明だけでこんなにかかってしまいました。
具体的な中身に入らなきゃなんですが
たぶん今日だけでは終わらないです。
というか終わらせるつもりがないぐらい盛りだくさんでした。


まず愛知からいらしてくれた学習塾カレッジの西川先生
過去にお会いしたこともあるのですが
とてもお話の上手な方でなにより生徒を楽しませるアイディアが豊富で
ぜひ直接お会いして話をしたい!
そういう思いで昨年から「遠いですがぜひ参加してください!」と呼びかけたところ
6月に、なんとメールでOKの知らせが!。
しかも話を聞くと北海道は初めてというではありませんか。
これは最大級におもてなしをして
「北海道最高」と思ってもらおう
ということで前日の6日に前夜祭を行い
北海道の海産物でもてなすことにし
気分を良くしてもらい、
翌日の勉強会はたくさんのことを教えてもらおう作戦に出ました。
65970418_102098427771686_673108275356499968_n.jpg


さて、今回、私がこの会合を開くにあたり
入念に準備いたしました。
話題や時間配分
そして各塾の秘密を集約して冊子にしました。
生徒数、授業料などのほか
先生方の戦略、塾の自慢など
書いてもらったのを一冊の冊子にしました。

これらって塾の企業秘密ですよね。
それを公開してくれて皆で共有することを許してくれた
上記の塾の皆様にはほんとうに感謝です。
せめてもの恩返しとなるよう
私が一番情報がたくさんになるよう書いたつもりですが
僕よりもたくさん書いてくれる方がいっぱいいまして
特に北大コーチの松浦先生は2ページになるほど書いてくれました。

塾業界の皆様や保護者の皆様にご理解いただきたいことは
この会合に集まっている先生は
「自分の塾だけが良くなればよい」と考えていないことです。
自分たちのことは惜しげもなく公開し
どんどん参考にしてもらいお互いレベルアップし切磋琢磨し
子供たちにより良いものを届けたい!
自分の塾だけじゃなく、この仲間たちの塾の子たちにも
よいものを届けるお手伝いをしたい!

そう思っています。

実は過去に塾の集まりっていくつかあったのですが
各塾の協力する意識が弱いため
(やっぱり各塾の指導ノウハウなどは教えたくない意識が強かったんです。昔は)
結局自然消滅状態です。

我々の集まりはそうならないであろう
そう感じました。

保護者の方には、個人塾の弱点の一つである
情報力の弱さ、授業や進路指導のノウハウ不足
これがこの集まりの中で解消されると思っております。
ご安心していただければと思っております。

また同業者の方で
この仲間に入りたいという方は大歓迎でございます。
そのような塾さんは遠慮なくお知らせください。
塾としてでも塾長個人でも
フェイスブックに登録してあると効果は絶大だと思います。
さて、具体的な内容は明日以降とします
スポンサーサイト

コメント

感謝!

これも高塚先生のご尽力のおかげです。
おっしゃる通りで、自分の塾の利益だけを考えるような集まりであれば、腹を割って話すような間柄にはなれませんでした。
この大きなうねりを、少しずつでも形にしていきましょう!微力ながらお力になりたいと思っています!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sapporoelite.blog.fc2.com/tb.php/1329-ebd5e37a

 ホーム