FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フライング 道コンしばりはない

受験勉強には、フライングもスピード違反も無い。

ありきたりな言葉ではあるが
受験勉強をうまく言い表した言葉で
とても好きである。

確かにフライングはないが
入試勉強として入試の過去問
特に北海道の入試は全国に比べて易しめであるので
全国の高校入試問題に触れて欲しい。
そうすると旺文社さんの全国高校入試問題になるわけだが・・・

入試頻出って3年生の後半にありますよね。
英語の関係代名詞
数学の三平方

夏期講習会は「道コン」で点数を取れるように
この範囲外のことは触れてはいけない・・・
そういう塾で多く指導してきたが
最終目標を入試と置くなら
たとえ道コンに出なくともこの時点で教えておきたいことがある。
その代表格が三平方の定理だと
札幌エリート塾では考えている。

三平方の定理は、「もう入試まで100日ですよー」
というタイミングでようやく勉強が始まる。
だけど、平面図形や空間図形には必ずからんでくる
超重要内容である。
もっと早めに学習し理解を深め
得意にしておきたい。

札幌エリート塾では夏期講習の空間図形のところで
三平方の定理も教えてしまう。
円錐の体積で
高さが無くても体積を求められる。
そういうことを教えてしまう。

札幌エリート塾は夏の終わりから
まず北海道の入試の過去問を解く課題を出す。
裁量問題組は英国数の全国の問題も解いてもらい
応用力を身につけるのだが
三平方を習うまで待っていては遅い。
特に東西南北が高倍率で激戦になった場合に備えて
早目に対応しておく必要がある。
(本当は相似も触れておきたいのだが)

そしてなにより
三平方の定理は
数学の定理の中でも
見た目が非常に美しい
美しい部類に入る定理である。

役に立つ定理ほど美しい定理である。
といった数学者がいたが
三平方の定理のバランスはとても良い。
数学は美しく芸術的な学問なのだ!
ということを一人でも多くの生徒に知ってほしい
受験が迫ってきた時期ではなく
余裕のある今時期に感じて欲しいのだと思うので
夏に扱う。
でも、三平方の定理を勉強しながら
「美しい」と感想を言った人は今までひとりもいないのだが・・・(涙

ということで
札幌エリート塾の受験生の夏期講習会は
「道コン」に縛られず
あくまでも「入試しばり」なのである

スポンサーサイト



人並みの生活

塾の先生をしていると
起床時間、就寝時間、食事時間
通常の人と大きくずれる。
昼ごはんは3時頃である。

ところが講習会中は
朝6時に起床し、8時には塾に出勤している。
昼ごはんはなんと12時に食べられる。
これで5時仕事終わりだったら最高なのだが
なかなかそうもいかないが
それでも、この時間にすべての授業が終わるというのは
なかなか新鮮である。
ようやく普通の人間の生活ができているのだろうか
でも、晩御飯はこれからだ(笑

しかし、午後からの生活になれているので
午前と昼の日光が身体に厳しい。
午前中はほとんど活動しない長い塾生活で
まるでドラキュラのような身体になってしまったのだろう。
最近の強い日差しはなかなかこたえる・・・
東光さんのところへ行ったら眩暈がした(笑
たぶんにんにくなんか出されると気絶するのかな
十字架なんか見せられたら灰になるかも・・・


水分補給

札幌エリート塾は授業中の水分補給を認めているので
飲み物を持ってきてかまいません。
というか
最近は熱中症が話題になること多いですよね。
教室はエアコンをつけていますが
僕はなったことがないので
なる条件や予兆が分からないので
十分気をつけて水分補給してほしいです。
外で暑い日ざしの中歩いてきて
なってしまうというケースも怖いので

ちなみに夏休みの授業になり
僕が飲んだ水分
「クリスタルガイザー」
廊下の自販機に売っていたので・・・

「ポカリスエット」
これは定番
これもまた廊下で売っていたもので・・・

「いろはす」シリーズ
これも廊下で売っているので
ちなみに僕は炭酸タイプがすき
中でもレモンが好き
ほんとはもう売ってないけど
いろはすサイダーが好きだったのだが

「爽健美茶」
水分補給と健康維持
毎日500mペットボトルはあけてしまう。

「ソルティライチ」
塩の補給も大事かなと・・・
味わいといいなかなかの優れもの
下のツルハさんで
安く売っていたので

「セブンイレブンの水」
水でした・・・

「経口補水液」・・・はまだお世話になっていません。
これは通常時に飲むと美味しくないけど
おいしく感じたときはそうとうやばいときらしい。
万が一熱中症の症状が出た子がいたら
即ツルハさんに買いに行こう

本日は花火大会です

豊平川で行われる花火大会のため
欠席者が増えることと
交通規制のため
僕の帰宅も困難になるので
本日は6:30以降の授業はお休みです。

夏の花火
1年に1回ですし
授業を休んで見るのも
いいものです。

天職

この塾の先生という仕事
というか札幌エリート塾の先生は
ある意味天職だと思っている。

札幌エリート塾の需要がなくなるか
自分の体力が続かなくなるまでやめるつもりはないし
仕事そのものが楽しい。

さて
この仕事がどのぐらい自分に向いているかと言うと
だいたいの人はもう察しているだろう
僕は、基本的には超人見知りである。
人前で話すことはもちろんだが
人と接することが基本的に苦手である(笑

スーパーなどで僕とすれ違ったことのある人ならわかるだろう
かなりそそくさと通り過ぎようとする僕を・・・

街角でセールスの声をかけられると
なにも言わず駆け足で逃げ去ってしまう。
なにより
コンビニのポイントカード
たまっても、店員さんから「ポイント使用しますか」と聞かれない限り
自分から「ポイントで支払いお願いします」と言えない私・・・

それがなんでだか僕にも分からないが
生徒の前で授業するのは大好きなのである。
かなりの勢いでしゃべることができるので
人見知りだと言うと
だいたいの生徒は「えーっ」となる。
そして決して生徒の前で演じているわけでもない。
かなり素で接している。

スイッチがオンになった状態である。

そんなわけで
この仕事
天職だと思っている。

夏期講習会

札幌エリート塾では
すでに夏期講習会のテキストを用いて
授業を行っているが
それでも夏休みが始まる明日から
夏期講習会なわけです。
気が引き締まります(笑

講習会時に塾生のご家庭には
次の費用をお願いしています。
中3・・・25000円
中2・・・21000円
中1・・・18000円
通常より授業料が高くなり
保護者様にはほんとうに感謝しております。
成果でそのぶんをきちんとお返ししたいと思っております。

もちろん、この費用は授業料にさらに加算されるものではありません。
たとえば中3の25000円は
通常の授業料16000円に9000円を加算させていただいております。

9000円といえば
ちょっとした書店に行けば問題集が9冊買えます。
非常に高額だと思っております。

けっして通常授業料16000円に25000円が加算されるわけではありません。
41000円になるというわけではありません。
(毎年、お間違えになる保護者様がいらっしゃるので、注意書きを)
普通に経営していればそんな高額な費用必要ないんです。

でも中には「ン十万円」も夏期講習会の費用がかかる塾さんもあります。
お支払いする親御さんが納得されているならいいんですけど
一夏のお勉強にン十万円もかけちゃいます??

でも、なかには有ること知っています。
そのような高額の塾で
そして抜群の成績・成果をあげている塾が・・・
これは、もう塾も保護者も両者納得なのでしょう。

また、なかにはこういう会話がある塾さんもあるかと思います。
塾の先生:「おたくのお子さんの現在の学力ですと、第一志望校の合格ラインから
こんなにはなれています」
親御さん:「えっ、そんなにうちの子できないんですか」
塾の先生:このままでは志望校の合格は無理ですね」
親御さん:「なんとかなりませんか」
塾の先生:「夏休み○十時間、講習とらないと合格最低ラインにも入れないですよ」
親御さん:「(危機感を感じながら、いや煽られながら)ぜひお願いいたします」
塾の先生:「○十時間で、講習会費用は△十万円になります」
親御さん:「(その金額におどろきながら)それで合格ラインに入るならお願いします」

こういうのは両者納得とは言わないですよ(笑
さすがにこんな営業している塾もう無いよな・・・無いよね・・・無いだろう(笑

ところで保護者様に一言だけ塾の裏事情を・・・
塾の先生に「売上のノルマ」与えている塾もあるんですよ!
果たしてその夏期講習会の金額
お子様のためにご提案されたものですか?
それとも
塾の先生のノルマ達成のためにご提案されたものですか?

いや、こんな営業している塾はもうないと思うんですよ
だけど、
札幌エリート塾もそうなんですけど
夏期講習会、冬期講習会の費用は
最初から伝えられているべきだと思いますよ

ふつうの金額で第一志望に入れますよ。
北海道の高校受験なら

ひぃ~

本日7月24日(火)
朝から猛烈な腰痛に襲われています。
もともと腰痛もちですが

昨日の夜の授業が終わってから
腰が痛いな~と思っていたのですが
今朝起きてから激しいです。

歩くのがとてもしんどいので
授業中も座っているかもしれません。
痛み止めをのんだけどあまり効かず
人生の中で最強の部類に入るな、これ。

さっきお弁当を買いに行こうとして
お好みやの前で腰痛がひどくなり断念
無理せず車で行こうと駐車場に向かうも
駐車場でその場で倒れこみたいぐらい激痛が。
お昼ご飯は断念して教室に戻る
そんなことをしていました。

せっかく本日、無料体験の生徒さんがいらっしゃる予定なのに
なんてこった・・・

あっ、授業は通常通り行いますよ

スマホ

スマホによる学力低下が問題視されています。

僕は教育業界に携わる身として
たいへん恥ずかしいのですが
そのような本をまだ読んでいません。
ただ、これから読んで勉強しようと思っているので
これから書く内容が数ヵ月後には
考えが変わっているということがあるかもしれません。

いまや小中学生でもスマホを持っている子が見られます。
そして基本は「高校に合格したら買ってもらう」でしょうか。

スマホを持っていない生徒は持っている子を
うらやましそうに見ている時もあります。
きっと家では
子「スマホ買って」
親「まだ早い」
などという会話がご家庭で繰り広げられているのではないでしょうか。

それでも中には、
自分にはまだ必要ない
という強い意志を持っている子もいて感心することもあります。

スマホは自己管理ができるかどうかでないでしょうか

正直、僕は自己管理ができないほうなので
スマホを持ったことを後悔しています。
ついついスマホでネットや動画を見ていると
1~2時間無駄に時間を過ごしてしまったと感じることがあります。
ほぼ毎日・・・

じゃあ、きちんと使う時間を決めればと思うのだが
寝ようとするとついついスマホに手が伸び
1時間、2時間・・・と。

頭の中に意味を知りたい語が出てきて
それがきっかけとなって続いちゃうんですよね・・・

そして持ったことを後悔しているが、手放す度胸も無い・・・
最悪です。


さて、子どもたちも今はスマホを持っていなくても
いつかは持つと思います。
まだスマホを所有していない子は親子で
スマホを持ったときの自己管理の訓練をしておくべきではないでしょうか

スマホは学力を低下させるとありますが
きちんと使えば便利なものです。
かつては授業中に生徒から質問があり
僕が即答できないときは
「今度まで調べてくるから」と言っていましたが
今はスマホですぐ検索できます。
(そうです。検索や資料用、電子黒板転送用に授業中にスマホを活用しています)
生徒への答えだけではなく、付随する知識も教えることができます。

自己管理できず
勉強せず、ラインだの動画だの友達と話すだのしていると問題ですが
きちんとメリハリつけて
勉強はきちんとする
そのうえで
わからない語句を調べるのに使用する

友達とのコミニュケーションツールとして使用する時間を決める

そのスマホの便利さに甘えず
きちんと自己管理して使用できるように
教育していくことも必要なのでしょう。
遅かれ早かれいつかは持つものだから・・・

雑学って好きですか?

雑学という言い方は雑学に失礼かもしれないが
それでも雑学って大事だと思うのです。

特に、小学生
塾の小学生の授業って枠があるようでないようで
教えていい内容って幅広いと思っているのです。
小学生は「塾」ということにこだわると
どうしても教科の内容に集中してしまい
逆に幅広い視点や知識を持つと簡単に解ける問題が
かえって難しくなってしまうことが
たくさんある気がします。

植物についても
根や茎をしっかり勉強することも大事だけど
学校の帰り道など
ちょっと道の横の雑草をちぎってみて
実際に花や茎や根を見る
それをくりかえしている方がスムーズに問題解けたりします。


また小学生が国語の文章を読むとき
知識が足りなくて情景が筆者の主張がわからず
理解度が落ちることがあると思います。
そこで毎週国語の時間には20問の3択クイズをやっています。
内容も
「日本の総理大臣を漢字で書くと」
「タイで救出された13人の少年たちはどこから救出された」
ア がけのした  イ 洞窟  ウ 無人島

などという時事的な問題から

「日本で初めて時計(水時計)を使用したといわれる天皇は」
など歴史など教科に関するようなものから
絵画名や彫刻名を答えるもの
楽譜を出して、曲名やテーマ、作曲者を答えるものなど
芸術面の問題
そして
「かっぱ巻きとは何をまいたおすし」
など日常生活に関わるものまで
偏らないで出しているつもりであります。

今までの中で一番おもしろかったのは(僕的に)

「札幌には上り坂と下り坂どちらのほうが多い」
ア 上り坂  イ 下り坂  ウ 同じ

けっこう間違えている人がいて面白かった。

最近は翌週に出される問題を読んでいる生徒もいて
「先生、ワールドカップの準優勝ってどこだっけ」
などと高塚先生は優勝じゃなく準優勝を出してくるでしょ!
みたいな読みを見せる子もいる。
ちなみに出題する問題は前の週には出来上がっていて
読まれたからといって変えることはしない。

小学生は100マス計算
方程式のような穴埋め計算など

通常の授業の枠にとらわれず
様々なことに取り組んでいて
札幌エリート塾での勉強を通じ
幅広い知識や教養を身につけてもらいたい
そう思っている。


人の話を聞く

昨日の日記で
学校の先生の話はきちんと聞くような内容を書いた

そうすると
学校の先生をバカにするような声を聞くことがある。
○○先生の言っていることわかんないもん
とか

でも
人の話を聞ける人は
ほんとうに成績がのびる。
頭の回転が速いのに
以外に成績が伸び悩む人は
説明しているうちに、先を理解し
まだ先生が話しているのに
「あっわかった」とか言って
勝手に進めてしまう人
こういう人って以外に成績伸び悩んでいる

先生の話はきちんと聞きましょう

 ホーム  »  次のページ