FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ゴールデンウィーク

明日の4月29日より
札幌エリート塾は一週間のお休みをいただきます。

次の授業開始は5月7日(月)です。

これまでの札幌エリート塾は
暦どおりの休みにすることが多かったので
一週間まるまる休みと言うのは
ちょっとドキドキです。

その中には平日もあるので
この軽い後ろめたさ(笑
いいですね(笑

ただ従来どおり
暦どおりの休みのほうが良いなど
保護者の方もご感想があると思いますので
もしありましたらお知らせ下さい。

ちなみにアルバイトの先生は
塾の授業がお休みになると
お給料が減ってしまうということから
塾の休業日は通常の時間通り
お給料計算をするようにしておりますので
ご安心下さい。

さて、それでは全国の札幌エリート塾日記ファンのみなさま

5月7日にお会いしましょう!
スポンサーサイト



日記お休みのおしらせ

明日は朝から
面談などたてこんでおりますので
今日の日記はお休みします。

世界の札幌エリート塾日記ファンの皆様
もうしわけございません

研修報告⑥

2日間の研修旅行を
6日に分けて書く高塚

さて、東京へは浅草を目指していってきました。

無事、新幹線の席がとれ
のんびりコーラなど飲みつつ東京への旅
IMG_0173.jpg

ちなみに奥の橋は、浜名湖という湖にかかっている橋です

そして東京について
山手線と地下鉄で浅草に向かう
IMG_0175.jpg

いやー信じられないぐらいの人混み
それでも浅草寺の仲見世はいつきてもワクワクするもので
おまんじゅうを買ったり、
ゆっくりと浅草寺に向かう
そしておみくじをひくと「吉」
まぁ良しとして
うちの受験生に「学業成就」のお守りを買う

帰りは正面に東京スカイツリーを見つつ
再び地下鉄へと向かう

もうそのまま浜松町へ行きモノレールで羽田空港へ!

1時間ほど時間があったので
軽くおそばなどを食べ出発の時間を待つ

今は、スマホのQRコードで搭乗手続きができるんですね
便利便利(^^
と思いきや、飛行機に乗るときに
画面に出していたQRコードが消えてしまうアクシデントが・・・

でも適当にいじってたら無事復活し乗ることができ
無事北海道へ帰ってきました。

翌日からの授業に手ごたえを感じつつ
電車で札幌を目指し、1泊2日の研修は終了

今回は想像以上に得るものが多く
もしかしたら来年以降もお休みをいただき
研修にでかけることがあるかもしれません

そのときは皆様にご理解をいただけるよう
今年のこれからの札幌エリート塾
研修に行ってすごくなったねーと言われるよう
頑張りますので
よろしくお願いいたします。

研修報告⑤

やはり他の塾様の授業を見学させてもらうと
ものすごく刺激を受けることができます。

見学させていただく授業前に
校舎の前に出て
来る生徒を出迎えます
僕も、「こんばんは」と声をかけてみると
初めてみる人なのにみんなが元気良く挨拶

ここで、すごいな~と思ったのですが
あらためて札幌エリート塾の生徒の顔を思い浮かべると
「あっ、うちの生徒も挨拶できるな」と一安心
過去には初めて見る先生(見学の先生)に
「大富豪しよ~」と誘っていた生徒もいるぐらいなので
人見知りのなさ、明るさは負けてはいないな!と(笑

授業見学は授業のノウハウや
先生方のリズム感など学ぶことが多く

そして授業見学後は
焼き鳥屋で深夜までお話をさせていただきました。

生徒とのやり取りでアドリブかなと思っていた話題が
すべて計算だったことなど
自分には足りないことがはっきりと分かり
大きな収穫を得て、北海道へ帰ることができたのです。

といってもすぐに北海道へは帰らず
宿泊先のホテルを出た後
目的があり、そのまま東京へ向かうのです

IMG_0170.jpg

宿泊したホテルのチェックアウト後
ホテルの前にて

研修報告④

さて急な腹痛を我慢して
あと10分バスに乗り続けることにした僕

すると、奇跡が
なんと腹痛がスーッと引いていくではないか
まるで押し寄せる波が神の降臨とともに
スーッと静まっていくように・・・

気もちも晴れやかに
岡崎駅に到着
そして目的地の塾に駅に到着したことを連絡し
駅まで数分の距離なので歩く

しかし、
「暑い・・・」
数日前まで雪の降っていた北海道
そこから気温20度の世界へ
歩いている途中でめまいがしたところに
救世主が現れる。
自動販売機である。

冷たいお茶を購入しようと
10円玉を投入し、そして100円玉を投入
ここでこの救世主
実は悪魔であったことを知ることとなる。
なんど100円を入れても
チャリン
お釣りのところに落ちてくるのである。
一向に僕の100円を受け付けてくれない悪魔
のどが渇いた僕の気持ちを
あざ笑うかのような悪魔に打ちのめされ
「暑い」と言いながら目的の塾へ到着

「よろしくお願いします」
と職員室に入った僕をやさしいまなざしで迎えてくれる先生方
お茶をごちそうしていただき僕は生き返る。

そして授業前の様子をいろいろ見学させていただきながら
ほんとうにいろいろな話をしていただき
いよいよ、
授業見学へと向かうのである。

研修報告③

さて
いよいよ空港を出発!

バスに乗り、一路目指す岡崎市へ!

目の前を過ぎ行く景色はとても新鮮で
まどからずーっとながめていくわけです。
見たこと無い景色(7年前に一度来ているのですが)は
自分の心を新鮮にしてくれます。

北海道と違う自然
初めてみる街並
すべてを目に焼き付けておこう
そう思いながら過ぎ行く景色を眺めるのです。

途中
「ごんぎつねの湯」というものを見ました。
どうやら教科書にも載っている「ごんぎつね」の作者
新見南吉さんの故郷だから
そのような名前の温泉が作られたようです。

そして乗ること約1時間
あと2停留所で岡崎駅!
というところで人生の決断に迫られることとなるのです。

なんと、急にトイレに行きたくなったのです。
一縷の望みを託し、バスの後を見る・・・
「・・・頼む、トイレついていてくれ・・・」
その望みは無残に打ち砕かれ
トイレなしのバスという絶望感の中

残り2駅、時間にして約10分を耐えるか
今すぐ降りて、トイレに駆け込むか
どちらかの選択を迫られます。

そして東岡崎駅というところについてタカツカがとった選択が・・・
「あと10分耐える!」ということでした。
知らない土地だし、
降りたところでトイレにめぐり合えるかどうか・・・
それを根拠として決断

さぁ、バスの中で一人苦しみもだえる高塚
運命やいかに・・・

次回へ続く

破産警報

緊急に警報です。

札幌エリート塾に破産の可能性が高まりました。

というのも
札幌エリート塾では北海道学力コンクールにおいて
成績優秀者が3人以上出た場合
クラス全員で「お好み焼きパーティー」という
ご褒美を行っているのですが
今回の道コン
想像以上に多いです。

ある学年
もう1人載っていると
(といってもそこの受験は4人でしたが)
全学年クリアという
快挙です。

破産警報発令中です
もちろん冗談です

研修報告②

前回までのあらすじ

飛行機の窓から見える景色に
海上に着水してしまうのではないか・・・
そんなはらはらしながら無事
中部国際空港についた高塚は
急いで見学先の塾へ向かおうとしたが
バスの発車時刻まで1時間以上あることに気がつき
泣く泣く「えびふらい」を食べることにしたのである。


さて、えびふらいを食べるため空港内の飲食店街へ
向かうと、なんか物産展みたいなものをやっている。
そこで1つの「みかんジュース」と出会う。
それは「夢工房くまの」というところで作っているみかんジュースである。、

試飲をさせてもらい、ひとくち飲んで
それがただものではないと感じる。
その果汁感が半端ないのである。
北海道へ帰るのは明日で荷物が増えてしまうが
それでいても構わない
そう思えるほどおいしいジュースで
ついつい1本買ってしまう。
そして、これは後日の話だが
帰宅して後悔することになる。

あまりにおいしすぎて
もう5~6本買えばよかった・・・と。

取り寄せ
できるのかな・・・

そういうお買い物をした後、
えびふらいの食べられるお店へ行く。
メニューにえびふらいのあるお店に着いたが
よく見れば、札幌にも支店のあるとんかつ屋であった。
なにげにとなりを見ると
これもこの地の名物「うなぎ屋」があるではないか・・・

一瞬心が揺れるが
そのうなぎや・・・混雑振りが半端無い
待つだけで一時間かかりそうだ。
というわけでやはりえびふらい。
そのとんかつ屋に入り
「とんかつとえびふらい」のセットを注文する。

しばらく待つと目の前に「えびふらいととんかつ」が並んだ。
そして僕はここで痛恨のミスをする・・・

なんと、特製のタルタルソースがついているにも関わらず
ついつい北海道のくせで、ふつうのとんかつソースを
えびふらいにもかけてしまう。
「あーっ」
と思ったときには
時すでに遅し

なんか北海道と同じような味わいで「えびふらい」を食べることとなる。

ごはんを一膳おかわりをし
おなかいっぱいになったところで時計を見ると
バスの出発15分前
よし、バス乗り場へ行こう!
僕は、今度こそきちんと研修モードとなり
バス乗り場へ向かうのだった

・・・本日も肝心の研修の報告には入れませんでした。
だけども、けっして、旅を楽しんでいたわけではありませんので
ご了承下さい。
やはり目的は札幌エリート塾生徒のために
自分の実力向上!


研修報告

4月13日と14日に
札幌エリート塾の全授業をお休みし
高塚は授業をレベルアップさせるべく
愛知県にある塾に研修に行ってまいりました。
あらためて教室通信でご報告しようと思いますが
本日からこの日記の場を借りてご報告を・・・

途中、ただの旅行記のように思えるかもしれませんが
たぶん・・・いやけっしてそのような浮ついた気もちでは行っておりません。
必ずや札幌エリート塾の全生徒のために
授業力を向上させようという熱い思いで行ってまいりました。
けっして、愛知でおいしい味噌カツを食べようだの
中部国際空港に着いたら昼食はえびふらいにしようだの
ちょっと東京まで足を伸ばして、楽しんでこようなど
そのような気もちは微塵もありませんので
そう思えてしまうかもしれない表現や描写がありますが
真剣な気持ちであったことをご了承下さい。

朝7時30分に家を出て、快速新千歳に乗り9時には新千歳空港に到着
搭乗手続きを済ませ、出発を待つ
ここで朝食を食べていないことに気がつき
飛行機のゆれで酔ったときのことを考え
軽くサンドイッチ(笑)の朝食をすます。

飛行機は定刻どおり出発するが
離陸時に(僕からしたら)激しい揺れにあい
交通手段を飛行機にしたことを後悔しつつ
一路、中部国際空港へと向かう。

長野上空で窓から見えた日本アルプスが美しく
思わず写真をとる。
IMG_0165.jpg

さて、中部国際空港に着陸するのだが
この中部国際空港は海上につくられた空港。
どんどん高度を下げていくが、まどから見えるのは海ばかり・・・
「これってもしかして海に着水するんじゃね?」
「明日の一面を飾ってしまうんじゃね?」
など、不安がどんどん募っていく。
どんどん高度を下げても一向に空港の陸地は見えず海ばかり・・・
あ~これ本当に海に着水だ!
と思ったその一瞬に陸地が現れ
そして無事着陸
なんか説明が欲しいですよ・・・ほんとに
IMG_0166.jpg

空港に着いたところ
やはり味噌カツの地
豚さんの像がたくさん。
後日、これを見た人は
僕にそっくりだと言ったとか・・・
IMG_0167.jpg

さ、中部国際空港に着いた!
まずは「えびふらいを!」と思う自分の気持ちに喝を入れ!
「なにを寝ぼけたことを言うのだ!
すぐ見学させていただく塾に向かい
先生方が授業前にどのように時間を過ごされているか
そこから見学するのだ!」と強い気もちでバス乗り場へ向かう。
バスの発車時刻は12時20分
え~と今の時刻は11時5分
「あっ1時間以上もあるや!
これはしかたない。時間の有効活用のためにも
えびふらいを食べよう」

このえびふらいはけっして旅先での浮ついた気もちではなく
バスの時刻が1時間先だったという
予定外のアクシデントのための緊急措置であることは
わかっていただけると思う・・・・・・・

さて、えびふらいの味については・・・
いや研修の内容については次回へ続きます!

本物

なるべく本物に触れさせたいと思っている札幌エリート塾

理科であるなら
できるかぎりの実験はしてみたいし
黒板の絵よりも資料の写真
資料の写真よりも実物

なるべく本物に触れることを重要視している。

このたび、岩石標本を購入しました。
中学の地学で学習する岩石はだいたい収められています。

火山岩の流紋岩、安山岩、玄武岩
深成岩の花こう岩、閃緑岩、斑レイ岩、
堆積岩の泥岩、砂岩、礫岩、石灰岩、チャート、凝灰岩
その他
IMG_0161.jpg

次は化石を調達したい

 ホーム  »  次のページ