FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

えっ・・・今年も?

4月と5月は塾の研修やゴールデンウィークで
お休みをいただくため
そのお知らせを配った

そしてゴールデンウィークの説明で
ふっと昨年のことを思い出した

小樽まで歩いたんだった

詳しくはこちら↓

札幌エリート塾HOKKAIDOWALKER

今年も歩くのか
そういう話になり
僕は歩くつもりはなかったのだが
なんかいつのまにか歩かざるを得ない流れになり
いつのまにか新千歳空港まで歩いて
ドラえもんで遊んでくることになってしまった。
そして、ついてくる気まんまんの学年が1つ

ほんとに歩くのだろうか・・・
そして新千歳空港まで歩けるのだろうか・・・
スポンサーサイト



昨夜遅くめがねが壊れた

壊したのではなくほんとうに「壊れた」のだ。
ひとつの部品が「ポロッ」ととれたのだ。

幸いなことに、ちょっと度は落ちるが
予備のメガネを持っていたので
イメチェンも兼ねて今日はそれに替えて仕事をした。
めがね1つでけっこう雰囲気が変わるのか
だいたいの生徒に「あれ?」と言われた。

コンタクトからメガネに移行してもう1年半になる。
当初は夏期講習会だった
毎朝、コンタクトをつけるのがメンドウで
また寝不足の目にコンタクトは非常にのりにくい
ということでめがねにしていたら
目への負担が少なくそのままめがねが続いている。

また、近年、目の調子が悪く
自分の涙が眼にしみるのだ
おそらくけっこうなドライアイ
そして、健康診断でも
目でひっかかって毎回精密検査を受けている。

目がそういう状況だから
コンタクトにすることはもうないだろう・・・
ただ、度が出しやすいのはコンタクトなので
その部分が残念であり不安である。

僕の視力は超強度の乱視が入っている。
夜空を見ると月がいくつにも見えてきれいなんだぜ!
と一度は自慢したいが
そんなに素敵なものではなく
ぼんやりいくつか像が重なっている感じである。

できることなら
もう一度裸眼ではっきり物を見てみたい。
今、目がいい人
ほんとに目は大事にしましょうね

春の授業も3日目

春は短いから明日が小学生の授業の最終日
早いけど
やっぱり講習会授業は疲れます。
毎日、掃除やあと片づけして帰ろうと思うのですが
授業が終わると、もうそんな体力もなく
次の日の朝に回してしまいます。

余力を残せばいいのに
ついつい全力投球

というわけで
今日の日記はこれで失礼

夏や冬に備えて
疲労回復にいいものを探そう

札幌エリート塾革命

札幌エリート塾に
電子黒板が導入されました!
IMG_0131.jpg

と言っても
まだネットワーク関係は接続していないので
ただ単に
ホワイトボードとしての役割しかできません。
でも、つかってて面白いです。

使っての感想は
黒板だけのほうが使い勝手がいいかもしれませんが
それはまだ、理想の使い方ができていないだけ
たとえば
社会で地図を出して書き込んでいく
理科で写真や図や資料を出して説明する
数学で図形やグラフをテキストから引っ張ってくる
英語長文を移して書き込んで
文法や日本語訳を説明する

それ以外にも
タブレットを使っていろいろできそうなのですが
まずはネットワーク環境を整えます。

だけど、誤解なさらないでください。
これによって
授業が映像授業になるとか
そういうことはありません。
あくまでも僕やその他、札幌エリート塾の優秀な教師たちの
授業のひとつのアイテムが増えただけ
今までどおりしっかり授業をして
理解度がしっかりしているか
ひとりひとり見ていくことは変わらないです。

「はい、これ見といて~」と
映像を流して終了ということは
絶対にありませんので
ご安心下さい。



新年度

新年度の恒例行事といえば
新しいテキストの配布
てき

今年もこのように机の上に全部出し
スムーズに配布できるように各学年に分ける

ありがたいことに
昨年の終盤から
全学年とも、ほぼ満席になり
今までは、どこかの学年だけ少ない
という感じだったが
今年はどの学年もたくさんの教材を用意した。

たくさんの生徒に通っていただける塾になったことに
感謝の気持ちを持ちつつ
そのご期待を裏切らないように
この生徒がたくさん通っていただける
喜びを毎年味わえるように
今年もがんばります


腰痛

いつもは体調が悪くても
その様子を見せない高塚先生
(インフルエンザとか感染症の場合は別ですよ・・・
インフルにはかかったことはないですけど)

だけど今日は時間とともに腰痛がひどくなり
小学生の授業が始まるころは
まともに発っていられない状態に・・・
椅子に座りながら
少し回復したら立って版書・・・

さすがに腰痛であることを伝えた。

もともと腰椎分離症という腰痛もちなので
腰に疲労がたまると炎症を起こして
激しい痛みを発してしまう・・・

生徒が授業で作ったという作品
IMG_0122.jpg

横山大観かな

はやくこのように無我の境地で
立てるように復活したいものだ

卒業の祝賀会

本日は朝に
1人、追加合格のお知らせを受けて
めでたく合格者が1人増えました。
ほんとうにおめでとう。

昨日は札幌エリート塾5期生の
卒業祝賀会
今年の会場はとある焼肉屋

僕はいつも通り
カルビを中心に組み立てていくが
なんだかいろいろ注文されている
でも、食べ放題だから安心

飲み物はオレンジジュースやりんごジュースが多い中
僕はゴールデンパインジュース
なぜか、この注文が笑いを誘ってしまう。

そしてみんなが楽しく焼肉を食べる中
僕も焼肉を食べるのが夢中で
記念写真を撮るのに忘れていたと
気がついたのが終了間際
IMG_0109.jpg

ということでこんな写真だけになってしまいました。
IMG_0114.jpg

そして
札幌エリート塾5周年ということで
記念の花束もいただきました。

今年は卒業祝賀会が終わったときに
ふーっと
「終わったなぁ」としみじみ
感慨深げになりました

合格発表

公立高校の合格発表が行われました。

合格を勝ち取ったみなさん
合格おめでとう

今年の難しい問題によく立ち向かっていったと思います。
ほんとうにおめでとう

残念だった皆さん
特に
札幌エリート塾に通っていただいて
合格させられなかった方
そしてご家族の方
ほんとうに申し訳ございません

後日
あらためて私から
連絡させていただきたいと思っております。

誰もが油断やあきらめや怠けることなく
全力で取り組んでいました。
だからこそ
私の力の至らなさ
たいへん申し訳なく思っております。

ぜひ気持ちが落ち着いていたら
18日の
卒業祝賀会に
顔を出していただいてくれればと思っております

札幌エリート塾 高塚

新たなステージへ

札幌エリート塾は開業するに当たり
金融機関から資金をお借りしました。

その返済がこのたび無事完了し
ついに完全に自由な塾になりました!!

とはいえ、返済中も
その金融機関は経営に口出しすることもなく
まぁ自由にやらせていただいていたのですが(笑
経営方針に口出ししてこないことは
ほんとうにありがたいことでした。

このたび合併により名前が変わってしまいましたが
ほんとうに感謝しております。
ほんとうにありがとうございました。

さて
ちょっと裏話を
結果的にはきちんと返済が終わりましたが
お借りするさいはかなりもめました。
「貸します」
「やはり貸せません」
事業の実績が乏しいだの
少子化だの
出店希望地が塾激戦区だの
「ふつうの人なら先生の塾に行くより大手さんにいきますよね?」だの
「有名塾のフランチャイズにしないんですか」だの

などなど
そのたびに資料を作り直し
何度窓口に足を運んだことか。

ちなみに僕の性格上
フランチャイズはむいていないので
きっとフランチャイズならここまで続いていないでしょう
もちろんフランチャイズが悪いという意味ではなく
フランチャイズのほうが向いている方もいらっしゃいます。
僕の性格上むいていないというだけでして。
それはこの札幌エリート塾を見てもらえば
誰しも納得すると思います。
好き勝手やってますから(笑

借金返済
そして開業5周年
今月3月26日には
はじめての授業開始から5年がたつのです。

通っていただいた多くの皆様に
恩返しを・・・
と思うのですが
たいへん申し訳ございませんが
授業料無料などの金銭的な面での
恩返しはできないと思います。
そのぶん、より高度な
札幌エリート塾でしかうけられない教育を目指し
この3月
新教材を導入予定です。

たぶん設備的には大手塾さんにもひけをとらない
充実したものができると思います
あとは教える人間のほうも
もっと成長してがんばります

レイアウト

市販されている問題集をパラパラっと眺めてみると
色使いが美しく要点も非常にきれいにまとめられている。
そのぶん載っている情報の量が少ないので
特に入試直前のはおすすめしないが
だけど、普段のもやっぱりおすすめはしていません(笑

塾用の教材も問題の配列がきれいに整っており
勉強しやすくなっています。
塾教材は問題量も申し分ないものが多く
きっちりこなせばかなりの得点力になるでしょう。

そして道コンも入試を意識して作成しているので
問題が非常に見やすく作られています。

しかし、この整ったレイアウトって
定期テストでは足を引っ張ることがある気がするのです。

特に「国語」のテストは問題用紙を少なくしようと
本文、設問、とにかくぎゅうぎゅうづめです
真ん中ぐらいの行になると同じ行を二回読んでしまったり・・・

ワークをきちっとやったのに
問題量が多くて・・・
と全部できなかった理由を説明する生徒がいるのですが
実際問題数はそんなに多くないことがほとんどですが
とにかく読みにくい
そんな定期テストがあります。

すごい美しく解く人のことを考えたレイアウトで学んできたのに
それをはじきとばすぎゅうぎゅうづめ感
たぶん、実際に問題解く前に
A4一面にびっしり書かれた文字に負けてしまう子がいるのでしょう。

たとえるなら
きれいに整備されたグラウンドで練習してきた
日本代表のサッカーチームが
ぼろぼろに荒れた海外のグラウンドでの試合で苦戦する
そんなイメージでしょうか・・・

その対策としては過去問しかないのかもしれないが
過去問をそのまま使うのも問題あるので
学校の先生!
もうちょいゆったりしたレイアウトにしませんか?(笑

無理だろうな
ということで来年度のエリート塾テストは
ぎゅうぎゅうづめのレイアウトにしてみます。

 ホーム  »  次のページ