FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

出願変更

昨日、出願状況が発表されて
倍率を見ての出願変更を考える生徒もいます。
ほんとうにこれは難しいですよね。

安全策をとるなら
合格可能性が98%の高校まで
強引に下げさせる。
実績重視の塾ならそうなるでしょう
ちらしに「○○高校合格△△人!」って書きたいもんね
気もちはわかる。

ふと考える
志望校を下げさせて合格させることと
不合格でも第一志望校に取り組ませること
どちらが正しいのだろう。
いや、自分の中では答えはありますが
世間一般だとどうなのかな。

不合格という悲しい経験をさせないほうが正しいのか
結果はどうあれ、自分の受けたい高校を目指してがんばらせるほうが正しいのか

もちろん、自分の行きたい高校に合格させる
これが一番の正しい道というのはわかっていますけど。

これは担任の先生
塾の運営方針
いろいろあるでしょうし
自分はまったく文句はありません。

ただトンチンカンなことを言っている塾は
どうかと思います。
倍率が高く、2人に1人が不合格になる高校を受ける生徒に
「自分よりでできないやつ連れて行けばいいじゃん」
と言った塾が本当にあるんですよ(驚
〔意味は2人に1人の割合なら
そのできない子が落ちれば、君は受かるじゃんという意味です〕

生徒のことをほんとうに考えていない

こちらを読まれている塾の先生もいらっしゃるかと思いますが
答えはそれぞれあるかと思います。

ちなみに
札幌エリート塾は
生徒が受けたいというなら、不合格可能性が高くとも受けさせます。
そして、受験まで、本気で向き合っていきます。
そういう意味もこめて
進学実績はいっさい載せないことにしています。
○○高校合格!
にこだわると
つい、生徒が志望校相談にきたとき
ついチラシの紙面を考えちゃうので
スポンサーサイト



倍率

公立高校入試の出願状況が発表されました。

札幌南・・・1.5倍
これは道コン事務局もおっしゃってましたが
ここまでの道コンの第一志望の数から見て
予想通りと言うことでしょうか。
南に出願する子は変えることはほとんどないでしょう。
私立のA特待をとる勢いでがんばっていきましょうね。

札幌北・・・1.2倍
おそらく上昇して1.3倍での勝負になるのかな
不合格者100名に入らない対策が中心になっていきます。

札幌東・・・1.6倍
ここがうちの塾からの受験で一番の高倍率ですが
内申は確保できたし
あわてず、できることをしっかりやっていくだけですね。

札幌西・・・1.6倍
某塾が昨年不合格をたくさん出したそうで
リベンジが来るか、それとも今年もその流れでいっちゃうか・・・
安全策で旭丘への変更あるかな・・・

札幌旭丘・・・1.4倍
増えるな、たぶん

札幌藻岩・・・1.2倍
札幌平岸・・・1.8倍

この2校をどう見るか
昨年はほんのわずか平岸が倍率下がったので
今年は上昇すると思いましたが。
藻岩レベルから安全策で平岸だした人が
どれだけいるかですね。
例年の傾向をみると藻岩は大逆転が起こることが少ないので
夏~1月の道コンで合格圏に入っているので
多少変動があってもあわてることはないと思いますが。

どう出願変更があるにしても今年も
1.2倍がもっとも低い倍率での勝負になりそうですね。

小樽で働いていた頃
倍率1.0とか1.1ばかりで
1.2になるとちょっとざわついていた
あのぬるま湯高校受験が懐かしい(笑

さぁやっちゃるか



栃木県の酪農

今日から中3生の入試対策授業だ。

今日の授業の中で
「乳用牛」のランクを勉強したが
1位の北海道はいいとして
2位に栃木がいるのである。
そして栃木で酪農が盛んなのは
記述できていてほしいレベルの理由がある。
わかるかな~

というか授業でいろいろ答えてもらったが
まずは近郊農業と同じような理由で
「大消費地である首都圏が近いから」である。
それではほかの関東の県でもよさそうだが
栃木は気候が穏やかで涼しく酪農向きだそうだ。

そして栃木の酪農のホームページを調べたところ
これらの理由も大切だが
「何より」で始まる理由が書いてあった
つまり、消費地に近いことよりも気候が適している事よりも
もっと重要な理由があるのというのだ。
わかるかな~

そのホームページによるとそれは
「何より、品質の高い牛乳を提供しようと
酪農家の意識が高いから」と書いてある。

素晴らしい!
テストの解答向きではないが
非常に素晴らしい!

ちょっと萌えました
間違えた「燃えました」

札幌エリート塾も
いい塾と呼ばれる理由に
いろいろな理由がありつつも
最後に
「何より、品質の高い教育を提供しようと
教師の意識が高いから」と
自信を持って言えるように(言われるように)
取り組んでいきたいものだ。

しかし、今日の英語の授業で
Mr.Takatsuka is the coolest teacher I've ever seen.
を一人しか素直に訳してくれないというのは
困ったものだ。

仮想通貨

話題になっている仮想通貨「NEM」
580億円相当が流出ということだが
そんな巨額なら、きっとこの日記の読者様
もしかしたら、札幌エリート塾の塾生の保護者様にも
被害にあわれた方がいらっしゃるのだろうか?

最近のテクノロジーにまったくついていけていない僕は
正直言うと仮想通貨の概念が
まったくわかっていないと思う。
セブンイレブンの「ナナコ」みたいなものではないの?
もしくはネットゲームの課金?
みたいな認識である。

だから「流出」ということが
ほとんど理解できていない。
コンピューターやネット技術の進歩といい
テクノロジー関係はついていくのに必死である。
(むしろまったくついていけていない)

だれか、この仮想通貨というものを
わかりやすく教えて下さい。
できれば定期テスト用の時事問題の解説が始まる前に(笑

昔読んだ経営の本

昔から「○○学」という本が好きなので
ちょいちょい読んで
そして難しいからとちゅうで挫折
それを繰り返していたのだが

経営に関する本で
「お客様のニーズにこたえると満足を与えられ
お客様のニーズを超えたことをすると驚きと感動を与えられる」
とあったのを覚えている。
というかこの本はその部分だけ共感した記憶がある(笑

実際経営する側に立ってみると
まずはニーズにこたえた満足感があり
これを達成しないと次の感動や驚きのステージに進めないな・・・
そう感じる。

でもこれはなにも経営だけにおけることではない。
ふだんの授業でもそうなのだ。
生徒はわかりやすい授業を求めている。
だけどそこで終わってはいけない。
問題演習でたくさん解けた。
超素晴らしい覚え方も聞いた。
宿題を解いたらいつのまにかできるようになった。
なんでもいい。
しっかりとニーズに応えて
そして驚きと感動を与えたい。

これって人間性でもあると思いませんか?

人として当然の人間性を持ちつつ
ときに感動を与えられる人
いますよね?
僕ももう40半ばになりますが
早くこのレベルの人間になりたいものです。

教材展示会

実は、塾で使用している教材を販売している
教材会社さんの展示会というものがあるんです。

本日はそれに行ってきたんです。
教材ってなかなか切り替えたりはしないですが
中身を見てみたいな~という教材があったり
セミナーが開催されているので勉強したり
そんな真面目な目的もあるのですが

僕は札幌や市外で活躍されている
他の塾の先生にあうのが目的なんです。

同窓会や成人式みたいなノリでしょうか

教材そっちのけで話し込んでしまって
教材会社さんにはほんとうに申し訳ない・・・

だけど、僕は他の塾の方とお話しすると
本当に元気が出るんで(笑
元気だけじゃなくアイディアも出てくるので
それで生徒がいっぱい通ってくれるようにして
教材をたくさん買いますんで許してください

東京の雪

東京の雪がすごいらしい。

帰宅命令や帰宅許可を出している会社があるほどらしい。
ネットで見かけたのだが
「帰宅許可」だと日本人の性質として
速く帰宅しにくいという・・・
これはわかる気がする。

帰宅許可=帰宅してもいいよ
だと、上司や同僚が仕事してたら帰れないよね

それでほんとに雪がひどくなったときに
帰宅する人がどっとあふれちゃう。

いっそすべて帰宅命令にすべきだと・・・

札幌エリート塾では猛吹雪での警報
すなわち「暴風雪警報」が出た場合は休講にします。

他の塾さんでは
「もし危険と判断したら塾をお休みなさって下さい」
としている塾が多いが
うちは安全を優先して休講にするようにしている。
「安全か危険を判断して・・・」って意外に難しいですよね。
「許可」と「命令」の違いかもしれないが
安全に関わることは
「命令」というものでもいいのではないか
そう思う。

本日は東京は雪でたいへんそうだが
札幌はいたって晴天(かなり寒いけど)
普通どおり授業です

根っこ

大学受験用の問題集を物色しに
コーチャンフォーへいってみる

そのついでに高校受験用の問題集も見てみる。
まぁするとたくさんの種類の本が並んでいる。

きっと受験生なのだろう
どの本にしようかお母さんと相談している女の子もいた。

1冊手にとって
参考程度にパラパラとページをめくってみる。
「xに代入して解く問題」
などすごい初歩からカラフルに説明してくれていて
この時期にこのような参考書に手を出すようでは
もうだめじゃないかなぁ
そんなレベルの本が並んでいた。

ただし何冊かはおすすめの本がある。
中でも「全国高校入試問題」というのはおすすめ。

塾の教材と何が違うか
それは収録されている問題量と質
札幌エリート塾はもう3年生は受け付けていないが
市販されている問題集を買うぐらいだったら
思い切ってどこかの塾へ通ったほうがいい。
そういえるぐらい質が違う。


さて、札幌エリート塾は来週から
高校入試対策授業が本格的にスタートする
中1と中2の定期テストが終わるまでは日曜日の4時間30分
終了してからは6時間の対策授業だ

やることは盛りだくさんだが
あれもこれもと手を出しては
本屋さんでカラフルな問題集に惑わされている子と同じ

教の授業でも話したが
今やるべきことは
今日の授業で10分かかって解いた問題(かなり難しい)
これを3分で解けるまでくりかえすこと。

試験会場で問題を見たときに
「あっ、これ見たことあるけど、どうやってやるんだっけ・・・」
これを無くし
そして、解く時間も限られているので
1秒でも速くクリアしていくことである。

ただ今

現在、28日実施の
中1と中2の「エリート塾テスト」作成のため
日記がしばしばお休みになります。
ご了承下さい。

試験中のアクシデント

センター試験のある会場で
英語のリスニングテスト中に
試験監督者の携帯のバイブ音がなったらしい。
集中力が切れたという抗議があったが
再試験は認められなかったそうだ。

もちろん試験中に電源を切らなかった
試験監督者に非があるのは間違いないが
どのぐらい集中力を乱す音だったのかは分からないけれど
試験にはアクシデントは付き物だと思っていたほうがよい。

僕はとある私立大学の受験で
1時間目が始まる前にトイレに行った。
戻ってくると机の上に置いてあった消しゴムが無い。
「あれっあれっ」と下を見わたしても見つからない。
「誰か取りやがったな」そう思った。
(もしかしたら、なにかのはずみで転がって行ったかもしれないが)

最初の科目は英語だったので
まず、問題用紙に答えを書き、
何度も何度も書き直し
もう悔いの残らない完璧な解答にしてから
丁寧に解答用紙に書き写した。

結果は合格だった。

試験はなにかしらアクシデントが起こると思っていたほうが
いざというときに柔軟に対応できる。
もしかしたら英語の聞き取りテストのときに
救急車が通るかもしれない。
誰かがえんぴつを落とすかもしれない。

僕のこの経験から消しゴムは2つ持っていけといっている。
私は大丈夫!だと思っているところに
起こるのが「アクシデント」なのだ。
何かが起こると思って
試験を受けよう

 ホーム  »  次のページ