FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

エリート塾のみんな へ

小学生のテストも終え
お正月の飾りの買出しも終え
これで2017年の札幌エリート塾の活動も
すべて終わりました。
〔2017年度のお仕事は来年3月まで続きますが〕

中学3年生のみんな
ずーっと何年も、人数の少ない中きましたが
なんと驚きの締め切り
来年の入試は合格して
卒業祝賀会も大いに盛り上がろう

中学2年生のみんな
にぎやかな時があったかと思えば
一言もしゃべらない時もあり
とても愉快な君たちです。
しかしなんの文句も言わず問題をもりもり解く
君たちはすばらしい。

中学1年生のみんな
最初は静かなおとなしい子たちかと思いきや
個性豊かな子だと最近知りました。
いつも笑顔が絶えないのは
とても良いことです。

小学6年生のみんな
君たちは塾へ来るたび
おやつや食べ物を僕にくれるので
ダイエットは来年もあきらめることにします。

小学5年生のみんな
いつも憎まれ口をたたく君たちも〔全員ではありませんよ〕
札幌エリート塾を好きでいてくれる
そんな態度を見せてくれるのが面白いところです。
いつも成績優秀元気活発奇想天外
今年一年、もしかしたら一番エネルギーを費やした学年かも・・・ですよ

小学4年生のみんな
習い事とかあるけど
来年度は全員が同じクラスに集まれるかな
ちょっとつっぱったところを見せつつ
素直で良い子たちです。
今年の冬は7人で授業しましたが
来年は今いるみんなで授業したいですね。

小学3年生のみんな
人数は少ないけれど
ほのぼのとがんばってきました。
来年もがんばって
ぐんぐん成長しようね~

小学2年生のみんな
実は大所帯な小学2年生
女の子は1人であとは男の子
だけどもしかしたら
ものすごい才能を持った子の集まりではないか?
そう感じたりもします。
将来が楽しみです。

小学1年生のみんな
いつも楽しく授業できているので感謝
ときどき僕も考え込む問題などもありますが
一生懸命考えて解いています。
来年もがんばろうね

高校生のみんな
中学を卒業してからも
札幌エリート塾に通いたい
そう言ってくれるってなんとうれしく幸せなことでしょう
いつもそう感じています。
そして予想外にも
高校生から通ってくれている子もいます。
ほんとにうれしいことです。

保護者の皆様
いつも温かく札幌エリート塾を見守っていただき
ほんとうにありがとうございます。

この子たちがこの授業後に家に帰って
塾での勉強の様子を聞いたり
身につけてきたことを知ることで
お父様お母様がその日一日を幸せに過ごせるか

いつもそのことを考え
勉強を教え、生徒一人ひとりの様子を見て
授業時間を生徒と楽しく過ごさせていただいております。

意欲も高く、人間性も素晴らしく
ここまで成長させてきたお子様を
勉強の面でお預かりする責任を感じながら
この一年取り組んできました。

また2018年も同じように
ご満足いただけるよう取り組んでまいりますが
なにぶんまだまだ未熟な点のある塾でございます。
お気づきの点などございましたら
いつでもおっしゃっていただければと思っております。

それでは
札幌エリート塾に関わっていただいたすべての皆様
2017年ありがとうございました。

2018年もよろしくお願いいたします。

※1月受験生のために塾は
1月1日に開きます。
2日、3日はお休みです。
4日から中3の講習会授業が始まります。


スポンサーサイト



おし!

高校生も帰り
これで2017年の授業は全日程終了
明日は小学生のテストがありますが
基本は授業なしです。

明日から年賀状や飾り
年越しの準備です

明日も日記書けるかな・・・?
 良いお年を!

なにやら

午前中の中3の授業中に
廊下ががたがたうるさい

様子を見ると
廊下の自習スペースで
小学6年生の子たちが
朝早くからやってきて宿題をやっている。

学校の冬休みの宿題は12月中に終わらせるように!

これが札幌エリート塾からの宿題である。

とはいえ、様子を見ていると先生に言われたから
というわけではなさそうだ。

すばらしいのは
自分から必要なことを考えて取り組んでいる様子であること。
言われたからやるのではなく
自分のためにやる
とても良いことだ。

さらにすばらしいのは
4時30分からの授業に備え
そのためにおやつやご飯を用意して
約5時間の勉強をすること・・・
より
僕におやつやおかずのホイコーローを
分けてくれたことである(笑

おかげで昼ごはんを買いにいく手間が省けました

感謝

1日目

札幌エリート塾では
本日より冬期授業が開始されております。

小学4年生では
夏より人数が倍増した中で進んでいます。

昨日、おとといとお休みをいただき
授業は29日まで全力で
30日は午前だけ小学生のテストが実施されます。

今年は1月に入試のある子を対象に
1月1日の元日だけ塾を開きます。
よくよく考えると毎年
お正月は寝て食べての
それはそれで貴重な時間だと思うのですが
もう少し、有意義な使い方はできないか
そう考えたときに
今年は1月に入試のある子がいるので
1月1日に塾を開きます。

だけどお正月はやっぱり休むべきとも思うので
来年は・・・どうなるかな・・・

そういうわけで
日記もお休みがちになるかもしれませんが
よろしくお願いいたします。

予算

小学5年生~中学生の
2学期の最終授業には
クリスマス時期ということもあり
なにかをご馳走している。
(だいたいケーキ)
4年生以下の子は時間も少ないので
5年生になったらご馳走しますね。
楽しみにしていてね

スーパーにいけば100円のケーキが売っているのだが
せっかくご馳走するのだから
きちんとしたケーキ屋さんのをご馳走したい。

この最終授業と
あと中学3年生の卒業記念パーティには
けこうマジメに予算をとってある。

札幌エリート塾には
よく広告出しませんか~
という営業電話が来るが
すべて断って、予算を計上しているのである。

こういうイベントごとでも
塾業界の中で一番
生徒を喜ばすことを目指したいと思っている

再チャレンジ

先週の理科で失敗した電磁石

今度は導線の長さも
鉄芯も
コイルの巻き方も
教科書どおりにやって

今回は見事成功
IMG_0043.jpg

学校でもやるかもしれないが
一から装置を作り
電磁石を作ることに成功

面白かったのは
鉄芯は模範的な鉄のボルトを使用したのだが
もうひとりがクリップで試したところ
(つまり、クリップに導線をぐるぐる巻きにした)
ボルトほどの強さではないが
電磁石ができたこと

こちらもいい勉強になったのだ

中3エリート塾テスト

日記がお休みがちだったのは
中3社会のエリート塾テストを作成しておりました。

本日の社会の時間に実施
出題範囲は公民の「経済分野」でした。

9割は教科書の黒字から出したと思いますが
勉強量と点数が比例した感じとなり
自分なりには良いテストだったと思います。

校正をかねて自分で解いたときは
めっちゃ悪問だな・・・
と思った問題もありましたが
そこはそのまま出題(ごめんね・・・)

割とエリート塾テストと定期テストの点数って
一致する気がするので
合格点に達しなかった人は
しっかり勉強するように

実験失敗

小学生理科での1コマ


やはり電流はイメージできるのが大事
そこで銅線や電池、鉄棒などを使って
電磁石を作る実験を行った。

得意な子が装置作りの指揮をとり
危なそうなところだけフォロー
あとは学校や塾の学習
教科書やワークにあるとおりに
いろいろ考えて装置を作った。

クリップから手製スイッチを作ったアイディアには驚いたが
苦労してコイルを巻き
スイッチオン!

期待していた
クリップがダダーッとつながる現象は見られなかった。

しかし、なにが失敗の原因だったかを
振り返るのも大事
実験後反省を行った。

もう一回チャレンジしたいですね

IMG_0038.jpg


公立高校大胆予想②

今回は裁量問題の英語の大胆予想をしてみようと思う。

国語と違って
長文と英作文は変わらないと思う。

塾で受験生指導をしている先生なら分かると思うが
だいたいどんな英作文が出てきても
I will
I want to
I think that
など決まったパターンに持ち込めば
なんら難しいところはない。

だけど、そんなパターンを覆す出題が出そうだと感じている。
自分が予想しているのは
間接疑問文を使用せざるを得ない課題である。
今回はそれが来そうだと思っている。
だから英作文は間接疑問文を練習しておこう。
どんなテーマかは塾生にはお話します。

また長文だが
近年は長文と言うか中ぐらいの文が2つである。

これははっきりとテーマも予想している。
それは
「日本に引っ越してきた外国人2人が
日本の感想を述べる文」である。
この前授業でこの予想をはなしたところ
登場人物の1人の名前は「ジェニファー」ということで
生徒とまとまった(笑

日本に引っ越してきた外国人が抱く日本の感想
長所と短所
長所は
「交通機関が時間に正確」
「ゴミ捨てなどのマナーのよさ」
「日本の文化の素晴らしさ」
「人々が親切」
「自動販売機のような無人ものが
普通にある国は日本だけ」らしい・・・
一方短所は
「物価が高い」
「外国人への偏見、恐れ」
「他人への無関心」
などがよくあげられる。

これらを2人の人が述べている文が出題される
と予想する。

いや、ほんとうにさ
かなりありえない予想なので
外したらほんとごめんなさい

と、昨日と今日で何を言いたいかと言うと
受験勉強もここまで来たら
最後の詰め込みに入るんだけど
同時に、こう聞かれたらこう答えるとか
いろいろ予想して楽しんでみようよ!ってこと

公立高校入試大胆予想編

国語と英語の裁量問題において
出題を大胆に予想してみようと思う。

あくまで大胆編なので
内容的にも直前より
冬休み前の今のほうがいいかなと思い
書いてみる。
(競馬でたとえると本命がくるという予想ではなく
超大穴を予想するようなものなので・・・)

で、本日は「国語」です

「今年の国語の裁量問題は説明文の可能性が高いです」
などのような誰にでもできるような
無難な予想ではなく
あくまでも大胆編である。

さて、国語は今まで説明的文章や小説から
本文も設問も難しめの問題が出され
解答もほぼすべてが記述形式である。

しかし、他の教科と比較してみると
数学は問1~3の間で図形や関数など様々出題され
英語も英文読解と英作文である。

国語の裁量問題だけがあまりに単調すぎるのである。

そして、標準問題との共通の1で出される知識系を見てみると
ほとんどが漢字である。

あえて断言しよう
「国語の裁量問題は今年は出題形式が大きく変わる」と

それは従来の長文読解に加え
その後に、文法の難問がいくつか出題される形式になる
・・・と
(いや、ほんとに外したらごめんなさいね・・・)

だから、今まで出題率が低くとも
活用形、活用の種類、品詞の識別
「は」と「が」の助詞の違いなどの
文法を今から冬休みの間に
しっかり勉強すべきである。

これは直前に予想してお知らせすると
時期的に遅いし
また、無用な混乱を招くおそれもあるので(笑
いま書いてみる。
というわけで札幌エリート塾では
これから国語の知識のおさらいをして
冬休みに突入する予定である。

いや、外したらほんとうにごめんなさいね
でも窮屈ながちがちの予想より
楽しいでしょう?
えっ・・・そんなことない?

 ホーム  »  次のページ