FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

格言

ある中学校が
格言をテーマにした作文の宿題があったので
その課題を手伝うために
いろいろな格言を調べてみた。
自分はグッとくるものが多いのに
生徒はどうもピンと来ないようだ。

本田宗一郎さんの言葉
「チャレンジして失敗を恐れるよりも、
なにもしないことを恐れろ」

あ~なるほどねと思う

「成功」の反対はなんですか?
と聞かれたことがある。
「失敗」と言うと「違う」という。
「成功」も「失敗」も何かチャレンジしたことによる結果だと。
反対は「何もしないこと」だという

あ~なるほどねと思う。

僕は今、チャレンジしていること
結果が成功でも失敗でもいい
いま、できることを精一杯しようと思う
スポンサーサイト



エリート塾テスト

現在、中学3年生は
日々の特訓テストを実施せず、
中学生の学習内容を終わらせるべく
授業を進めておりますが
定着度を見るために
12月19日に社会の「エリート塾テスト」を実施します。
出題範囲は「経済」
再テスト
強制自習室あり
です。

みんなが良い方向へ

無料体験にきていた生徒が
入塾していただき
その後すぐに違う学年で
新たな無料体験の生徒が。

新しい生徒と出会うたびに
どのような子がくるのだろう
そんな期待が高まる。

「すごく良い生徒たちが通っている塾」
という評判でもあるのだろうか・・・
その期待を裏切らないような良い子が
いつも来てくれる。

そんな塾に育ってきていることが
とてもうれしく思う。

ホームページのトップにも書いてあるが
うちの塾では「早期申し込み特典」はいっさい行っていない。
なのに、募集を行った中3、小4が
即定員締め切りとなっている。
ほんとうにありがたい限りです。
中1も現在の無料体験生のお返事次第で締め切りになるかもしれません。

残念ながらこの前の定期テストで失敗した子
何人かいるが
どの子もしっかり、その後の単元テストなどでは
しっかり点数を取ってきてくれた。
中には定期試験で失敗した科目で
先生から「GOOD」とかかれるほどの高得点を
単元テストで取ってきた子もいる。

一度の失敗でくじけてはいけない。
失敗してもその後きちんと起き上がって
歩き出すことが大事なのだ

こういうことの積み重ねが
定期テストで花開くものだと信じている

札幌エリート塾も
そして通ってきてくれる生徒も
みんなが良い方向に向かって
年を越せればいいですね


北海道学力コンクールの国語

裁量問題についてですが
国語の基本にのっとった設問だと思いました。

国語は-線とそのつながりから答えを見つけるのですが
もうひとつ、少しはなれたところにある
-線の同意表現も考慮しなくてはいけません。

今回の道コン裁量問題ですが
この-線の同意表現が
あまりに見つけやすい文章でした。
よって、解答に必要な要素を見つけ出しやすい
そんな問題だったと思うのですが・・・
そこで、部分点しかとれなかった生徒は
国語の解き方がまだ分かっていなくて
文章の出たとこ勝負になってるんです。

読みやすい文章が出たらとれるけど
少し苦手な文章が出たらとたんにとれない・・・
そんな人は今回の裁量問題は部分点止まりだったと思います。

今回の裁量記述は完全に○
これをゲットしなきゃいけない問題です。

明日の裁量対策は、まず道コンを使って説明します

本日は

中学3年生の道コンのため
日記も授業もお休みです

現在、全力で採点作業中です。

なんと

教室の照明が
全部LEDになりました。

塾の入っている建物がLEDに変えるとのことで
うちの塾も一緒にお願いしました。
いままでは
チカチカしたり、不安定だった蛍光灯
それがLEDになりバシッと安定しています。

つけるときもスイッチ入れたら
一気につきます。すごい
思ったより明るいです

雪への幻想

先週末から大雪
ついに長靴も購入
これからの出勤時と帰宅時には
除雪が待っているかと思うと憂鬱な日々である。

大学時代のことだが
本州からやってきた同期が
「雪が降ったらカマクラを作るんだ~」と言っていたのだが
北海道出身の我々は
雪がうれしいのは最初だけだ!
と言ってやった。
たしか、ほんとうにすぐ雪が嫌になっていた記憶がある。

ほんとうに雪が降らない地方の方は
雪に特別な幻想を抱いているようだ。
雪や冬をテーマに書かれた曲を聴いていても
すごく良い曲だな~って思っても
歌詞は絶対、雪や冬を経験したことない人が書いているでしょ
って思ってしまう(GLAYは除く)

去年もあるミュージシャンの方が
ホワイトアウト状態の北海道で交通事故を起こしていた。
なんでこの真冬の北海道でコンサートなんだろう
きっと雪って綺麗で、ふんわりした神秘的なもの
そんなイメージなんだろうな

約10年前のことだ。
その日は記録的な大雪だった。
外で食事をして帰宅しようと
夜遅かったのでタクシーに乗った。
相変わらず、雪が降り続いていて
タクシーに乗りながら少し不安を覚えていた。
案の定、家まであと1.5kmというところで
タクシーが雪に阻まれ進めなくなった(上り坂ということも原因だった)
あと、家まで歩いて約20分の距離。
タクシーの運転手さんに
「ここでいいです」と言って歩いて帰ることにした。

タクシーをおりると
ひざの下ぐらいまでの積雪
これなら行けるか・・・?
一応家に電話してみたが
雪が深くて迎えに来るのは無理と言う。
ここで教訓だが、万が一のため
電話はきらずに通話状態にしていた方がいいかもしれない。
(でも雪の中で倒れていたら着信音で見つけることもできるか・・・
どっちがいいのかな)

さて、歩き出す。
雪がどんどん積もっていく。
シンシンと・・・どころではない。
風とともにガンガン積もっていく。
視界も悪い。
運が良かったのは
ほんとうに慣れ親しんだ道であったこと。
最悪、目をつむっても歩ける道であったこと。
視界が悪くても道に迷う心配はなかった。
心配は家にたどりつくまでに力尽きないか?
なにしろ雪をかき分けて進むのは想像以上の体力消費だった。
そして、ひざあたりまで積もった雪が腰あたりになったら動けないな
積雪量への不安だった。

当初の予定より倍以上の時間をかけて
家へたどりついた。
翌朝のニュースでは全道的な大雪で
北海道内で亡くなった方が出ていた。

自分の行動に寒気がした。
僕はほんとうに運が良かっただけなのだ。

今であれば無理せず、駅前にもどって
ビジネスホテルに宿泊するなどの選択肢もあったと思う。

北海道の雪って神秘的なものどころか
命を落とすこともあるんですよね。

今年もきっと雪をテーマにした名曲がたくさん世に出るのだろう。
きっとその歌詞の中では
白くふんわりと降ってきて
街の汚いものを覆い隠し
白く綺麗に染め上げ
朝日がきたらまぶしく輝き
恋人たちは雪の中手を握り締めながら歩いて
雪がその二人を祝福したりするんだろう

そのかげで
鼻水をたらしハァハァ言いながら
僕は駐車場や塾の前あたりを
必死に除雪し
うっかり吹雪に巻き込まれ
「地球温暖化なんてウソだろ」と言いながら
さむい~と言いながら家に帰る日々が始まるのだ

冬よ
くるなら来てみやがれ

日曜対策

本日は裁量問題受験生の
対策授業の日でした
朝9時から昼の1時まで
お疲れ様でした。

人間性

塾って基本的に学習指導がメインであり
学校とは異なるので
人間性の教育は求められていないと思っている。
だから道徳の授業時間はありません。

もちろん、人間性の教育を重視し
ホームルームの時間を設けている塾があることも
知っています。

だけども
面白いもので
人間性がしっかりしている人は
すぐ結果が出る人もいるし
時間がかかる人もいますが
間違いなく勉強で結果が出てくる。

相手への思いやりだったり
目上の人への態度だったり
仲間への気遣い
弱いものに対する姿勢

このあたりの人間性
難しく言う必要もなく
いわゆる「しつけ」ってやつですね。
あくまで成長していく順番は
「しつけ」ができて「学力」だろうと思う。

そういう意図から
しつけ面も重視してみたいと思っています。

なんかしらないのですが

今日は授業終わった後の
疲労感がはんぱないので
今日の日記はお休みします。
すいません

かえりまう・・・

 ホーム  »  次のページ