FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

御嶽山

御嶽山の噴火で
亡くなった方がニュースを見るたび増えている。
亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

水蒸気爆発とのことだが
その被害の大きさには胸が締め付けられる
それほど登山経験のない僕だが
たまに山に登ると、たかだか5~600mの山でも
「きれいだな~」と景色の美しさを感じる。

今回は、休日のちょうどお昼時、しかも紅葉の真っ只中
御嶽山に登るには8時から登り始め、正午ごろに頂上に着くペースがちょうどいいという。
多くの人が頂上付近にいるときに起こったらしい。

なぜ・・・?とかここで悔やんでいても仕方ないが
まさに多くの人が集まるところでの噴火だったのだろう。

映像でも見る火山弾の様子は
この中で無事に生還できるほうが奇跡とさえ感じる。
火山弾
山(特に火山)に登る人は、万が一のときには
この火山弾が襲ってくることを心がけておくべきだ。
この人はとにかく岩陰で火山弾をやりすごしたそうだ。

しかし、同時に火砕流や火山ガスもある。

今でも噴煙が吹き上げる中
自衛隊や消防の方々の必死の救助活動が続いている。
自分はあらためて人の命を救う技術がないことを残念に思う。
せめて一人でも多くの人が助かるよう祈りたい。
救助活動は海外メディアが詳しい
救助活動
スポンサーサイト



幽霊撃退法

生徒曰く
この塾には幽霊が出る
・・・らしい。

確かに、深夜どの塾もいなくなって
一人で仕事をしていると
「ガタン」とか物音がすることがある。
しかし、あまり気にしない僕はひとりでのんびり音楽を聴きながら仕事をしたりする。

けど、生徒にとっては変な気配はただごとではないらしい。

テレビでやる怖い番組が好きな年頃・・・

ところが先日、お化け屋敷のアルバイトをしたことがある人の話を聞いた。
そのバイトで一番辛いのは
怖がらず、憐れみの視線で見られること
だそうな・・・

考えてみれば
幽霊たちも出てくる主目的は
「怖がらせること」だろう。

であるならば
幽霊が困るようなリアクションをすればいいのである。
怖がるから彼らは調子に乗るのである。

ということで
つい先ほど、やはり一人でいると
廊下で「ガタン」と音がした。
だから
ちょっと横目で廊下を見やり
「はぁ?」と言ってやった。
それから30分
いまだ彼らから二度目の行動はない

ゴジラ

今年、新作が公開されたゴジラ。
その第一作が公開されてからもう60年もたつが
新作が出来続けているのはすごいことだ。

そのゴジラの第一作でゴジラの中に入っていたスーツアクターが
「中島春雄」さんである。
その当時の技術では
ゴジラの着ぐるみは重さ100kgもあり
ひとつひとつの動作が本当に重く大変だったという。
しかも冷房もない時代。
ゴジラの中は60℃にもなったという。

中島さんはゴジラの動きを表現するため
動物園の象の動きを観察し続けたという。
それを100kg、60℃の中で表現し続けた。

その積み重ねがゴジラの歴史を作り上げてきたのだろう

休息

人間には休息も必要だと思う。

生徒にはいつも「これやれ、あれやれ」と言っているが
勉強とバランスよく休息もとってほしい。

などと話すと、休むことに一生懸命になってしまう人もいますが
大事なのはバランス。

テスト対策や講習会後にお休みをいただくこともありますし
日曜日は生徒が自習したいと言ってもお休みをいただいていることもあります。

休んで疲労が回復してくると
あーいう授業したい、こーいう授業したい・・・
いろいろなアイディアや想いが湧き出てくる。

休むことにより、更にパワーアップできるように
人間はできているようだ。

だから学んだ後はおおいに休むが良い。
テストまであと1月半
少し心に余裕を持たせ、テスト対策に入ったら驀進しようぜ

24日

なぜだろう・・・
本日は朝からず~っと25日だと思い込んでいた。

だからウェスリー先生に送ったメールにも
「今日は25日なので~」と堂々と書いてしまった。
受け取ったウェスリー先生はかなり「???」だったであろう。
現に「あれっ?って思いました」と言われてしまった

本当に思い込んでしまうと
周りの人は指摘しにくいですよね(笑


冷酷

最近の高塚先生は冷たいらしい(笑
よくわからぬが、無視するという・・・
心当たりがないわけでもない。

最近は乙女心爆発なのか
学校がものすごく楽しいのだろう。
誰かに話したいこと
聞いてほしいことが山のように起きるのだろう。

それはとてもいいことなのである。

しかし、それが授業中、特に説明中にまで及ぶと非常にまずい。

授業中の話は自分のみならず
他の人の成績まで足を引っ張ることとなる。

だから「静かにしなさい」という。
質問にも答えない。

遠いと思っていたテストの足音が聞こえてきた。
さぁ
ギアを入れ替えて頑張ろう!

メッセージ

ひとは誰でもまだ見ぬものへのあこがれがある。
ロンドンは今日はどのような気持ちだったのかな
みてみたいと独立派は強く思っていたのかな。
いろんなことを考えたスコットランドの国民投票。
ぜんぶのことを把握しているわけじゃないけど
つくえに向かっているだけじゃ分からないその熱気
たぶん、独立派も独立否定派も
いつもの自分以上の想いをぶつけたのだろう。
なにが正解なのか、正直わからないのだけれども
おちついた結果になりましたね。
スコットランド独立はならずイギリスは今までとおり。
どちらを応援していたわけではないが、注目しました。
v(^^)ノ

メンチカツ

メンチカツが大好きな僕にとって
コンビニのレジ横のメンチカツは
ものすごい力で僕を誘う。
しかも、いまやどこのコンビニにもメンチカツがある。
まさにメンチカツ戦争である。

無駄遣いはしない
間食はしない
だから我慢我慢
生徒にもダイエット中と宣言している。

そう決意している僕だが
ふっと思いついた。
「そうだ!メンチカツの違いについて日記を書こう」
そう考えると食べなくてはならない。
これも立派な仕事だ。

その中で2つ注目すべきメンチカツがあった。
まずは某コンビニ「げんこつメンチ」
これは名前のインパクトと大きさ。
げんこつという名称から
「たっぷり食べられる。」
そんな印象を受ける。
確かに量にたいする満足度は高い。
この名前を考えた方
素晴らしい能力です。

そしてもう一つ
札幌エリート塾近くの某コンビニ
ここのメンチカツはすごい工夫がある。

げんこつメンチもそうだが
メンチカツを食べるときはソースをかけなくてはならない。
そうなると、ソースの袋を開けるとき
どうしても両手を使うのでメンチカツをどこかに置かなくてはならない。
僕みたいに行儀良くテーブルで食す場合なら良いが
コンビニさんは、メンチカツを手軽に食べられるような袋に入れてくれる。
いつでもどこでも手軽に食べられるようにしてくれているのに
ソースのせいでテーブルがないところでは食べにくい。

この矛盾に果敢に挑戦したのが近所にあるコンビニである。

なんと、このメンチカツは
メンチカツの中に特製ソースが入れられているのだ。
つまり、そのままかじれば美味しいメンチカツが食べられるのだ。

このアイディア
考えた人
優秀です

あるなしクイズ

授業後に生徒と考えてた「あるなしクイズ」
あるほうに共通することはなんでしょう?

ある
井口
次女
ハム
衣代

なし
西岡
長女
ベーコン
食事代




thinking time
・・・

thinking time

追加ヒント
ある
金 欠
なし
貧乏

正解
ある方の字をくっつけると漢字になる
でした
井口→囲
次女→姿
ハム→公
衣代→袋
金欠→欽
ですね

それでは今日もお疲れ様でした。


許す

人間って周りの人から
いろんなことを許されて生きている

僕は、この言葉で生き方がかわったと思っている。

最初に大手塾に勤めていたとき
わりとわがままに働いていた気がする。
その会社をやめ、違う仕事をしていた時期に
ある人からこのことを言われた。

「その通りだな」
そう思った。
人は誰しもいろんなことを許されている。

自分で振り返って見ると
いろんな人にいろんなことを許されていたと思う。

そう考えると謙虚さが生まれる。
謙虚さが出ると
本当に困ったときに誰かが絶対助けてくれる。

今の札幌エリート塾生も
今出なくてもいいが
いつか
実感できるようになってほしいと思う。

 ホーム  »  次のページ