FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バルタンじゃんけん

ネットを見ていたら
「バルタン星人はじゃんけんに勝てるか」みたいなことが書いてあった。
※そんなに詳しく見ていないので詳細はわからない

しかしこれは面白いと思った。
バルタン星人を知らない人に説明。
バルタン星人とはウルトラマンシリーズに出演した怪獣(星人)である。
特技は分身の術
しかし、今回は分身はいらない。
その特徴的である手を見ていただきたい。
グーとチョキしか出せないであろう

yjimage.jpg

ということは対戦相手はグーを出していればバルタン星人に負けることはない

そこで回数制限をつけてみる。
10回勝負ということにして、10回とも「あいこ」ならバルタン星人の勝利とする。
そうすると対戦相手は必ず1度、パーを出して勝負にいかなくてはならない。
そこをバルタンが読んでチョキを出せばバルタンの勝ちなのである。

つまり、普通にやればあいこになるが
相手が勝負に出る一瞬を読んでバルタンがチョキを出せるかどうか

ここに勝負の面白さがある。

もちろんバルタン星人のほうが圧倒的に不利であるので
バルタン星人が勝った場合のポイントは多めにする。

これをバルタンじゃんけんと呼ぼう

・・・と
ここまで書いて、なんか似たようなゲームがあったような気がしてきた・・・

あぁ
カイジに出てきたEカードだ!
(知らない人ごめんなさい・・・)
スポンサーサイト



好奇心

夏期講習会が始まった。

3年生は受験対策だが
まだまだ受験は先
だけど、この高校に行きたい
将来これをしたい
こういう気持ちが大切だ。

1、2年生もまだ見ぬ新しい世界に
ぜひ興味をもって頑張ってほしい

もちろん小学生も!



sabao.jpg
窓から外を眺めるのが好きなサバオ

再会

出勤時にコンビニに寄り
用事を済ませ外に出たところ
見たことのある高校生が一人
「あれ~」とか思ったけど
じろじろ見るとまずいしと思ったら
向こうも気がつき、やっぱり昔の教え子だった。

札幌エリート塾を始める前から塾講師をやっていたので
街中でふっと再会っていうのが
たまぁにあるのだ。

やはり覚えていてくれると嬉しいし
僕も、昔の教え子を見ると名前が浮かんでくる。

逆の場合もあり、名前を見て「あっ、昔の教え子だ」と思い出すケースもある。

面白いところでは、飛び込みでやってきた営業マンの名刺を見たら
十年以上前の教え子だったこともある。
名前を見て思い出し
顔を見て確認
「あぁ面影がある!!」
それで、向こうにも聞いてみたら
覚えていてくれている。

何年かに一度ある再会
札幌エリート塾生も卒業して
再会するのは何年後かな
覚えていてくれると嬉しいし
再会を喜んでくれたらもっと嬉しいね

本日で1部の生徒は1学期の授業が終了している。
来週26日から夏期講習会が始まるが
その前2日は講習会準備期間になるので
長い生徒にとっては次に塾に来るのが9日後ということになる。
しかし、気を抜くな。
講習会初日までに講習会テキストと学校の宿題
そのどちらも終わらせておくことが指令である。

この1学期はテストが1回しか無いので
本当に一発勝負

学年上位5名の中に入った生徒もいるし
80点、90点を連発した生徒もいる
一方、一発勝負なだけに
内申を下げてしまった生徒もいる。
全ての生徒に最高の結果を出して上げられなかったのは本当に悔やまれる。

しかし、長い人生の中で失敗のない人生はない
その失敗をいかし、次に取り返す気持ち、覚悟があるかどうか
それが大事なのだ。

様々な思いを乗せて
夏期講習会が来週始まる。

推薦図書

もうすぐ夏休み
小学生のときは必ず
読書感想文があった。
ちなみに高校でもあった(笑)

読書感想文があるから本を読むというより
本を読むのは自分のためであってほしい。

本を読むと
自分の体験できない世界を体験できる
世界が広がる。
また、偉人の伝記を読むと
別の人の人生を体験できる
成功体験を味わえる
努力を感じることが出来る。

読書感想文のためではなく
自分のために読書をしよう


計画書

夏休みや冬休みなど長期休みが近づくと
どの学年でも教室で必ず目にするものがある。
それは学校から出される
「夏休みの計画表」なるものである。

学校はとにかく計画が大好きだ
しかも、細かい・・・
細かすぎて普段の学習時間に支障が出てるんじゃないの?
って心配になるぐらい細かい。

本日も見せてもらったが
1日1日、学習する内容と学習する時間を細かに記入するようになり
しかも、その日の終わりには
「反省点」と自己評価をA,B、Cでつけるようになっているのだ。

計画はとても大切だと思うが
あまりに細かすぎると計画に縛られすぎてしまう。
そして計画を立てることだけが好きな人もいるはずだ!
(そこの君!思い当たるだろう)
計画だけ立てて実行しないという!

実行しない計画などまったく意味がない。

事前にあまりに細かすぎる計画をたてさせるのもいかがと思うのだが
だけど、わりと計画を立てるのは好きな人
多いみたいね・・・

今の時代
僕が休みごとに提出していた
こんな1日の過ごし方の計画表
ダメなんだろうなぁ・・・
よく毎年毎年
担任の先生、許可してくれたなぁ


写真hutoi

歌の力は偉大だと思う。

人の心を落ち着かせたり
かき立てたり
和ませたり
盛り上げたり

以前は中2の教科書に載っていた詩を「さざえさん」のメロディで歌っていたこともあったが
残念ながらその詩は現在は教科書から消えている。

今、載っている詩もなにかメロディをつけらんないかな~
って考えるが、だいたいが古い曲ばかりで
誰も知らないだろうと思う。

こういうときは
若い人の情報も入手しておくことが大事だなと思う。

最近は
仕事後の自転車で
歌を口ずさむことが多くなっている。
授業で燃え上がった心を
静かに落ち着かせる
そんな曲を歌っていることが多い(笑

もうすぐ夏期講習会
熱く燃える夏にしよう

考えてみると・・・

おかげさまで札幌エリート塾にも
幅広い年齢層の生徒が通ってくれるようになった。
今年卒業した1期生はもちろん高1だが
今は中3から小2までいる。

ふと思う
立派な大人に成長するよう
札幌エリート塾は全力を尽くしたい。
ところで
この子たちが大きくなったのを見るとき
僕は何歳なのだろう・・・?
と(笑)

今の小5の子たちが成人式を迎えるとき
(二十歳が成人という現行のままでいった場合)
僕は五十となる。

まだまだ大丈夫だ(笑)
少しでも多くの子の成人した姿を見られるよう
毎年、きちんと健康診断は受けよう

情報

ただいま、夏期講習会準備のため
日記がとびとびになっています。
ご了承ください。

さて
大手通信教育の会社から個人情報がもれたとのニュースがありました。
札幌エリート塾では
個人情報をパソコンに入れることはしていません。
万が一ウイルスに感染し内容が流出しても
生徒様、保護者様の情報についてはもれることがありません。

個人情報が記載されているのは
入塾契約書のみですが
こちらも厳重に保管してあります。

また、入塾時においても
必要のない個人情報は聞いておりませんので
漏れようのない情報があります。
たとえば、生年月日。
誕生日は授業を行ううえでは関係のないことです。
そして、誕生日は暗証番号に用いられることが多いため
今回の情報流出でも問題になっておりました。

札幌エリート塾では
ちらしの配布は基本的に年1回しか行いません。
それも新聞折込のみになっております。

校門前配布
電話による勧誘
DMの送付
一切行っていませんので
情報を流出させることも、入手することにも
まったく関与することはありません。

ただ塾の教育サービスの質のみで
生徒を増やそうと心がけております。

塾の実力の向上には
保護者様からの温かい励まし、
厳しいご指摘
そして生徒とともに成長すること
これらを通じ、成長できるものと考えております


衝撃

サッカーワールドカップの準決勝
ブラジルとドイツの試合。
どちらも優勝候補
どんな緊迫した試合になるだろうと思っていたら
ドイツの強さだけが目立った試合になった。

確かにブラジルは主力選手が2人欠場だったが
ゴール前でドイツのパス回しに
いとも簡単に崩されていく姿は
「これが本当にブラジルか・・・?」と思うような内容だった。

しかし、むしろドイツの姿に目指すべき姿を見る。

相手がブラジルだろうと
今までの練習量でゴール前でも縦横無尽にパスを出す。
面白いように相手を崩す。
自分や仲間、チームの力への信頼感。

日々の練習で得ることが出来るものはこれなのだろう。

どんな難しいテストでも
自分を信頼し、札幌エリート塾の内容を信頼し
テスト問題を解きまくる

やはり、生徒をその領域まで導いてこそ
札幌エリート塾という名を名乗ることが出来るのだ。

ドイツのあまりの強さに
果たして自分もここまでプロに徹しているだろうか
あらためて考えさせられた試合だった。

・・・とむりやり時事ネタと教育論を織り交ぜてみたら
やはりちょっと無理ある日記になってしまった(笑

 ホーム  »  次のページ