FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

コピー機

コピー機が先日壊れたが
その後、スキャナー機能を搭載して復活してきた。
転んでもただでは起きない奴
頼もしい・・・
スキャナー
なかなか便利な奴だが
まだまだ使いこなせているとは言えない。
しかし、毎回の特訓テストは少しずつスキャナの機能を利用し始めている、
これが、次のテストに生かせるよう
コピー機とともに頑張ります。

なんかコピー機と呼ぶのも味気ないので
コピー機に名前をつけてやってください。
塾はコピー機が大活躍する環境にあるので
より親しみをこめて使えるように(笑
スポンサーサイト



英語

ついに来週から小学生の英語
特に会話、聞いて話せる英語についての授業が始まる。
この授業のために新しい先生に来ていただいた。
留学経験や指導経験も豊富
将来、留学や世界にはばたくことを夢見る君たちに
ものすごく力になってくれる先生だろう

近日中に
新しい英語の先生をご紹介いたします

塾の英語といえばCDを利用したり
英語指導の先生が片手間でやっているような感じが多いが
札幌エリート塾では、そんな中途半端ではない。
本気で英語を身につけられる
英語教室を作り上げていきます
お楽しみに

山菜

休日を利用しニセコの山に山菜とりにいってきた。
竹やぶをかき分け、こっそり生えているタケノコを見つけるのだ。
そのうちの一つ
takenoko.jpg

午前中は山を歩き回り
下山したあとは温泉に(^^
英気を養い再び熱い授業を!

作文

札幌エリート塾でやっている作文指導
今回のテーマは「雨の日の出来事」
その中から優秀な作文を一つご紹介
(注)改行はこちらで行っております。


「天使からのおくりもの」

 菜の花町の中に、「TERUBOU」という名前のかさ屋さんがありました。主人はとてもやさしい人でした。
 
ある時店の主人が、お散歩に行って店に戻ろうとした時に近くの曲がり角で女の子が泣いていました。
年は3,4歳でしょうか。女の子はかさを持っていません。主人は自分の黒いかさに入る?と女の子に聞きましたが女の子は返事をしません。
「自分のかさがほしいのかな?」と思った主人は生地を買いにデパートに行きました。
そこで、女の子は水色の水玉模様の生地を選びました。値段は三万六千円と少し高めです。
しかし主人は自分のほしかったギターとペンキを買うためにとっておいたお金を全て使って買いました。
店に戻ると主人は女の子に
「三日後にまた、曲がり角に来てね。」と言いました。

 そしてついに、とてもかわいいかさができました。でき上がったかさを持っていくと女の子はとてもうれしそうに
クルックルッと回しながら帰っていきました。主人は「作ってよかったな」と思いました。

 忙しくなったのは次の日からです。テレビで
「今年のかさの流行する色は水色の水玉模様です。」と放送すると、それを見て人がわんさか来ました。
おかげで主人は一日中仕事をすることになりましたが、ほしかったギターとペンキが手に入り
屋根をきれいな黄色にぬりました。
そして、裕福になり、結こんし、子どもも生まれました。

 ある時、主人は「おじさん。」と呼ばれた声にふとふり返りました。
すると、雨上がりの夜空におじさんの作ったかさを持った天使が帰って行くのが見えました。

天使
この作文に添えられていた
天使のイラストも本人手書きなのですが
カラーで取り込みできず残念

ねじれ

ねじれとは奥が深い言葉だ。

ねじれ国会
今は解消されたが
衆議院の過半数をしめている政党が参議院では少数になっている状態。
ねじれとは、目的と現状が一致しない状態をさす。

図形では垂直でも平行でもない状態をさす
ねじれの位置という。
永遠に交わることもなく、同じ距離を保つわけでもない。
普通であったらねじれの位置にいたであろう人間関係
塾をしていると、ねじれの位置であったろう方と交わることができる。
せっかく出会った人間関係
大切にしていきたい。

これもねじれ
うちの鯖央の寝姿
どんだけ身体ねじって寝てんねん・・・

たまには鯖央の日記も・・・
というリクエストがあったので
ほい


ねじれ

ワールドカップで世界を知ろうⅢ

ワールドカップで世界を知ろうシリーズ第3弾
コロンビア

首都は「ボゴダ」
言わずと知れたコロンブスを語源とする国名である。

スペインの植民地だった歴史があり
コーヒーなどのプランテーションが広がっています。
かつては世界2位のコーヒー生産高でしたが
最近は減少傾向にあります。

近年コロンビア政府が力を入れている産業に観光があります。
コロンビアは首都ボゴダを含めて
治安の悪い国として有名でした。
その犯罪率の高さは世界一といわれるほどでした。
しかし、観光に力を入れるようになってからは治安にも力をいれ
現在では犯罪率は劇的に改善されています。
しかし、それでも犯罪組織などはまだ多く存在しているようです。

コロンビアはアンデス山脈に位置するため高地が国の多くをしめます。
首都ボゴダは標高2600mの位置に有ります。
スポーツの高地トレーニングに利用されたり、自転車などが盛んであります。

山といえば1985年にネバドデルルイス山が噴火をしました。
この火山で火砕流や泥流が発生し
25000人という信じられない死者が出ました。
この火山で泥流に押し流された一人の少女が発見されました。
顔と手だけが水から出て生き延びていた彼女。
彼女のその姿は世界中に中継され、多くの記者が取材にきしました。
早く救出してあげてほしい。
誰もがそう願っていました。
しかし、発生した泥流の規模はすさまじく
3日後に彼女は命を落としてしまいました。

その顔と手だけを出して必死に生きようとする
その写真は世界で有名な写真の一つとされています

ワールドカップで世界を知ろうⅡ

ワールドカップで世界を知ろうシリーズ
次の対戦国は「ギリシャ」

まず、国の表記なんですが、僕は学生時代「ギリシァ」と習った記憶がありますが
今は国際的にはギリシャなんですね~

ギリシャは歴史が非常に古く、古代から文明が作られていた。
古代ギリシャではポリスと呼ばれる都市国家が形成されていたのも有名な話。
でも、ギリシャを語る上で忘れてはいけないのが
壮大なギリシャ神話ですね。
ゼウスという主神やオリュンポス十二神など
世界の始まりや神々について描かれている神話。
星座のモチーフになっていたり
日本でも、漫画の題材として取り上げられていたりします。

そんな歴史あるギリシャは国土の大半が
地中海性気候。
夏に乾燥する気候ですね。
その気候を利用しオリーブの生産は世界3位です。

歴史ある国なのでパルテノン神殿など多くの遺跡が有り
観光地としても有名です。

ところが、2010年、大きな問題がおきます。
ギリシャの国家財政に粉飾が見つかり
ユーロ圏を巻き込む経済問題が発生しました。
いまだ解決のめどの立たない大問題となり
ヨーロッパの経済を混乱に陥れたこともあります。

そんな歴史あり、経済混乱あり
様々な側面を持つギリシャが日本の次の対戦国です

ワールドカップを通じ世界を知ろうⅠ

ワールドカップを通じ世界を知ろう
日本との対戦国について簡単に書いてみようと思います。
第1回「コートジボワール」

首都はヤムスクロと定められていますが
1983年までアビジャンという都市が首都でした。
そのため、今でもアビジャンに首都機能が集中しています。

ギニア湾に面しています。赤道よりやや北。
そのため気候帯は熱帯サバナ気候に属しています。

かつては象牙海岸共和国とも呼ばれました。
過去には象牙と奴隷貿易、フランスの植民地となった歴史も持っています。
しかし、独立してからも軍からのクーデターなどコートジボワールは平和な歴史を歩んではいません。
今回、ワールドカップサッカーチームの主力である
ドログバ選手はコートジボワールの和平を進める委員の一人である。
このワールドカップを通じコートジボワールの平和につながるよう戦うと語っています。

コートジボワールには皆さんにも密接に関わるものがありますね。
チョコレートの原料であるカカオの輸出は世界一ですね

ワールドカップ

ついに開幕しました
サッカーワールドカップ。
4年に1度の大会なので
なんと、
期末テストの社会にも出題されていたりします。
すごいことです。

地球の裏側、ブラジルで開催されているので
なかなか試合観戦しにくい時間なのが残念。

さて、開幕戦のブラジルークロアチア戦では
日本人の西村さんが主審を務めました。
ワールドカップのピッチに主審として立てるなんて
これもすごいことです。
しかも、世界中の注目が集まる開幕戦です。
見事でしたね。

早朝

札幌エリート塾名物
早朝対策授業が今日も行われた。

6:30からたくさんの生徒が集まってきた。

もちろん、テスト時のコンディションのこともあるので
強制参加ではない。

最後の仕上げをしたい人のために
開催している。

今日もテストがんばれ!エリート塾生たち!

 ホーム  »  次のページ