FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

空気

講習会は朝から授業だが
出勤したときに空気の入れ替えをすると
朝はとても気持ちがいい
目の前が建物なのは・・・だが
さわやかだ
写真
スポンサーサイト



今までありがとうございます

2013年の3月26日
新中3の春期講習会授業が行われた。
今までの塾講師歴の中で一番緊張した授業だった。

本日2014年3月25日
丸一年間を無事終えることができ
明日から2年目に突入である。
この一年ほんとうにありがとうございました。

明日で1歳を迎える
札幌エリート塾をこれからもよろしくお願いいたします。

進学



今日は新学期の1回目の授業
新中1対象「アルファベット講座」だった。

中学生の勉強についてどう思っているかな?
新しいことを学ぶのが楽しみ
難しくなるのが不安

期待や不安を胸に
新しい環境に飛び込んでみよう

最初は必死に勉強についていこう

気がついたら
ずごい高いところにいるはずだから・・・




新学期のテキストが届きました


写真

準備講座

先日の日記でもお伝えしたが
札幌エリート塾第1期生たちはみな
志望校合格を果たした。

そして現小6の子達も元気に卒業式を迎えたと思う(今日だけど・・・(笑

中学・高校進学に備えた準備講座を
札幌エリート塾ではあえて開催していない。

それは、「進学したらどのような勉強をするのだろう・・・?」
その期待感を胸に新しい環境に飛び込んでほしい
そう思っているからだ。

小学生は中学で学ぶ英語が楽しみだろうと思う。
受験を終えたみんなは「高校で早く勉強したい」
そう思っているはず。
次に何を勉強できるのか?
そのような好奇心を育てる授業を札幌エリート塾では取り組んできたつもりだ。

そして新しい環境になっても心配要らない。
自から学びたい心を持ち
しっかり勉強していけば
十分通用するだけの土台となる能力は
君たちは札幌エリート塾の授業でついている。

だけど、新中1にアルファベット講座だけは先にやります。
アルファベットが身についているかどうかは
スムーズに英語の世界に入っていけるかどうか大切なことなので。

学びたいという心
それを大事に、新しい環境にいってらっしゃい。

《追伸》
このようなことを書くと
高校生の英語や数学を指導できないんでしょ?
という人が現れそうだ(笑
過去に複数の大学受験生を指導し無事に合格させてきました。
もし君たちが高校の授業で悩んだり
大学受験を志したなら
遠慮せず札幌エリート塾までやってくるように
理解するまで
いや、付随する重要事項をすべて教えて差し上げよう


おめでとう

今日の公立高校の合格発表
札幌エリート塾第1期生たちは
みごと全員合格を果たしてきた。

この志望校合格を勝ち取るまでは
様々な試練があっただろう。
志望校の選択
必死の受験勉強
それらを乗り越えての合格
ほんとうにおめでとう!

新学年

今日は中学校で卒業式だった。
きっとわがエリート塾第1期生たちも
感動の旅立ちを迎えたことだろう。
そして4月から始まる新たな生活に
希望を抱いていることと思う。
いよいよ来週公立高校の合格発表がある。

そして
今いる塾生
そしてまだ見ぬ新たな塾生は
新学年のスタートだ。
まだ変更があるかもしれないが
新学期の時間割もホームページに掲載した
春期の時間割も塾生に配布している。

特に現在の小6の子達は
中学に入ると「英語」という教科が出てくる。

まずは、3月24日
希望者のみの「アルファベット講習」からスタートだ。
英語に自信のない人はこのアルファベット講習を受けてみてほしい。
もちろん無料である

そして僕も
無事に確定申告に行ってきた(笑


のんびりと

花見をしている動物たちが出現

写真

彼らが見ているのは
幸せの象徴「4つ葉のクローバー」
札幌エリート塾に加わった
新たな仲間たちと仲良くしてくれるよう
お願いします~

3年

3年前の今日は札幌市北区を車を運転していた。
ちょうど信号で停車していたとき
橋の上にいるのかという揺れを感じた。
でも落ち着いてみるとここは橋の上ではない
電線がびゅんびゅん揺れていた
ただごとじゃない
そんな感じがした・・・

3年前の
2011年午後2時46分
あの東日本大震災が発生した。

いまだ避難生活を続ける人
行方不明になり発見されていない人もいる
15800人を超える人が亡くなった

まったく復興をする気が見られなかった政権から
交代したとはいえ
いつになったら人々が普通の暮らしに戻ることが出来るのか

一人でも多くの人が
早く元の暮らしに戻ることが出来るよう
お祈りいたします

音楽

この仕事をしていると
最近の曲を生徒からすすめられる。
いいなと思う曲
最近過ぎてついていくのが精一杯な曲(笑
いろいろある

でも思うのは
小中学そして高校
この時代に聞いた曲は大人になってあらためて聞くと
当時の思い出と混ざり合い、
すごく複雑な気持ちになるということ。

君たちも今聞いている曲を大人になって聞いたとき
札幌エリート塾のことを思い出してくれるかな

青春時代の
部活で夜遅くに帰宅したこと
恋愛の思い出
友人たちの顔
小学校を卒業し中学に入学し
学年が1年進むと先輩になり
さらに進むと最上級生となり
そして翌年は高校生
めまぐるしくかわる環境に順応しようと必死で悩んだり
楽しいこの生活が永遠に続いてほしくて
でもまだ見ぬ高校生活にあこがれて
大人の世界にあこがれて

心の成長とともに刻み込まれた音楽は
それを聞くと当時の心の動きを思い出すことができる。

僕はボーダーラインに達していない高校を受験した

落ちることへの不安
友達に励まされたこと
深夜の受験勉強でふっと合間に窓の外を見たとき
暗い空から白い雪が降っていた
今も、夜にしんしんと降る白い雪を見ると
人生の中で一番、目標に向かってまっしぐらだった自分を思い出す。

その当時聴いていた曲はいろいろあるが
この曲がなぜか、当時の記憶とリンクする。


悲しいね
中学から高校に進学するということは
必然的に別れを経験しなければならない
この中学生という時代は二度と戻ってこないのだ
中学校に通うこともこの教室で勉強することも
友達と学校で遊ぶことも、先生にも会うことももうできなくなる
そういう想いが
当時の心のどこかにあったのかもしれない・・・

だけど
歌中の
「一番の勇気はいつの日も
自分らしく素直に生きること」
の部分は、何年、何十年と口ずさみ続けた気もする
どこかで、この曲を通じ、当時の力を呼び起こそうとしていたのか・・・

今を全力で生きると
その成長した心は
大人になって壁を乗り越える勇気を与えてくれる
その力は音楽によって引き出されることもある・・・

体調

ここのところ
特に小学生で体調を崩しての欠席が増えています。

暖かい日と寒い日が交互にきていますから
体調管理も難しいでしょう。

風邪やインフルにかかった人は
ゆっくり休んで治しましょう

中学生も定期試験や高校入試が終わり
ほっと一息ついたころでしょう
でも気を緩めて風邪引くということのないようにしたいですね。

 ホーム  »  次のページ