FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

特訓テスト

札幌エリート塾では
授業前に前回の授業内容の特訓テストをやっているが
やはり定期テスト後などはついつい気が抜けるのか
どうしても悪い結果が出てしまう
そうすると特訓time行きになってしまう。

今年に入ってから
学年関係なしに
特訓テストの順位を出している(上位3名)
その月の優勝者になれば賞品がもらえるのだ。

そうすると
小学生は参加できないのでかわいそうだ(科目数が違うため)
小学生は小学生で何か競ってみようか
毎回やっている100ます計算か。
エリート塾の100ます計算には
ひっそりと小数が入っていたり
なにかしらしかけがしてある。

それもまた楽しいかもしれない。

スポンサーサイト



最後

ついにこの日が来た
3年生の通常授業最終日である。

1年間苦楽を共にしてきた
生徒たちとの別れ
新しい道を歩み始める生徒たちをそっと見送る。

合格率が上がらず苦闘したとき
成果が見え始め射程圏内に入ってきたとき
そのとき考えたこと全てがこれからの人生に役立つことだろう

公立高校入試まであと6日

お菓子

テストで80点以上とった子にはお菓子をあげている
(100円ショップで売られているものだが)
札幌エリート塾からのごほうびである。

今回はこのお菓子の消費が激しい
確かにそれだけの成果をあげている。
何回も補充している。
しかしそれはとてもうれしい悲鳴である

歓喜

学年末テストが終わり
中1・2は通常授業に戻っている。
テスト対策は多量の問題を解き、実力アップに励んでいたが
通常授業はやはり学ぶことの楽しさも教えたい
それには、説明の起承転結が必要になる。
最後に生徒の心にストーンとはまるかのように納得できる授業展開が重要だ。
そのため、集団で研修することのできない札幌エリート塾は
なんでも研修に変えてみる。
よく用いるのは「お笑い」だ
漫才
落語
すべらない話

笑ったところの話し方をまねてみる
話の持って行き方を学ぶ

あらためて
ひとつひとつの授業にドラマと感動をこめたい。
その科目を好きになる生徒が一人でも増えてほしい。

ところで
今回の学年末テスト
「英語で見たことない点数とった」と言われた。
最初はどんなひどい点数かと倒れそうになったが
今までの得点のはるか上をいく高得点だった。
すばらしい

入試

私立入試の時期を迎えると毎年思い出すことがある。
僕の高校受験の話だ。

小樽在住であったが将来のことを考え私立は札幌の北○高校を受験した。
試験は1時間目から割りと良いペースで進んでいた。
しかし、社会を解いているとき
あっという間に絶望のどん底に叩き落される。
それは
「札幌は扇状地です。扇状地を次のA~Eに分けたとき、北○高校はどの位置にありますか」という問題
写真


当然、問題集や参考書に載っているような問題ではない。

小樽住みの自分にはもちろんどの位置に北○高校があるかなんてわからない。
だけど、札幌の受験生なら皆知っているだろう・・・
一気に差をつけられてしまう・・・
こんな問題ありかよ・・・

これが、その時の僕の思考回路

公立高校は最低内申ランクに達していない高校にチャレンジ受験をしていたため
入れる高校がなくなってしまう・・・
そう思ったことを覚えているし
何十年たった今でも、この問題は忘れられない。

結果的には無事合格し、そして高校の合格最低内申ランクを下回っていたにも関わらず
公立高校も合格できたのだが
たとえ結果が悪いほうに出たとしても
自分の実力ではぎりぎりという高校を受験したことは今になってよかったと思っている。
合格めざし、必死で努力した日々
それが、今の自分につながっている
そう感じるときがある。

努力で結果を出すことの面白さ、喜び
それを体験できたことは人生において
とても大きな出来事だった。

テスト

山鼻中は本日がテスト最終日
柏中は学級閉鎖の影響で今日からでした。
柏中は明日も頑張ってこよう。

「2学期より書けた」
そう答える人もいました。

今回はめちゃめちゃ鍛えた気がします。
問題集によっては2度3度解いたものもありますね。
エリート塾テスト
特訓テスト
まだまだ活用できたかもしれませんが
それも解きなおしました。

「テスト緊張した」
それは、必死に努力したからこそ緊張するのです。
努力したことの証です。

明日は柏中
そしてその後は真駒内曙中ですね(^^

明日への扉

今日、塾内の備品を購入するため東光ストアに行ったところ
BGMが I WISHの「明日への扉」だった。
この曲
メロディがきれいだし、歌詞も素敵だと思う。
自分の好きな曲のひとつだ。
そして人生の環境が変わる今の時期にぴったりの曲だ
卒業にあたって歌われる学校もあるという。

新たな人生といえば
昨日は推薦入試の日だった
うちのエリート塾第一期生たちも受験してきた。

「面接はうまくいった」そういってきた生徒もいるし
お母様から「笑顔で帰ってきた」という報告もうけた。
一番心配しているのは保護者の方や僕ら大人たちで
子どもたちはいつの間にか
しっかり自分の力を発揮できるほどに成長しているのかもしれない。

推薦入試前に言った
「推薦は普通に受験しても余裕で受かる奴だけが推薦してもらえるんだ。
 推薦してもらったことを誇りに思って、自信もって自分の力を発揮して来い」

その結果を証明するように
返却されてきた道コンのデータは第一志望の合格可能性が高い数字を出していた。
初めての道コンからは見違える進歩だ。
順位に名前が載るようになっている。

さあ
明日への扉は
もう開きかかっている


追伸
この日記は
緑字の部分から以降を
「明日への扉」のサビの部分をBGMにして読むと
よりいっそう感動が際だちます(笑

黒板

今日も朝から対策授業(祝日だったし)

気がつけば最近どうもチョークの減りが激しい。

今日の英語の授業
ひととおり説明を終えて
黒板をふりかえると説明がビッチリになっていた。

思わず生徒に「これ、すげえな」と言ってしまい
「記念に写真とる」と言って撮ってしまいました
生徒の笑いの中・・・

どうりでチョークも減るはずだ
この情熱
伝わってくれ
しっかり復習しなきゃという気持ちになってくれ~
とにかくテストまで一週間頑張ってくれ~

ん・・・
誰ですか?
ごちゃごちゃしてるっていってる人は・・・

写真黒板

Oh!No!

昨日からコピー機の調子がおかしい。
コピー機は塾にとっては生命線。
とにかく即なおしてもらわねば
修理のお願いをしたが、いろいろ忙しく
「休み明けじゃだめですか・・・」と言われる
心優しい僕は
一瞬「いいですよ」と言いそうになったが
今日の授業
明日のテスト対策
どうしてもコピーがないとダメなので
心を鬼にして
「やはり今日きてください」とお願いした

そうしたら・・・
原因はとても簡単なことで
僕がレバーの一つを戻していなかったことが原因で・・・(スイマセン)
でも、そのレバー
中古品だから買ったときから半分折れてて
仕方なかったんです~

しかし、レバーを交換してもらい
画質も調整してもらい
最強のコピー機として生まれ変わった。
学年末まで一週間
明日からまた熱く激しく楽しい対策を!

開幕

ついに開幕
と言ってもソチオリンピックではない。
エリート塾第一期生の受験対策である

しかし受験指導は12月からいろいろ始まっている。
12月から金土日を利用し証明や記述などの対策授業
冬期講習を経て
先週は2月1日に実施された道コンの
解答解説を行った。

そしていよいよ最終段階
完全受験対策の開幕である。

さあ
ラスト1か月
苦しいけど
絶えて燃えろ
受験生

写真a

 ホーム  »  次のページ