FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ありがとうございました

札幌エリート塾をいつも支えてくれる皆様

思えば今年の4月
まったく0からのスタートでしたが

みなさまのおかげで

無事2013年を終えることができました

そして新たな2014年

札幌エリート塾1期生を無事送り出すこと
札幌エリート塾に1歳の誕生日を迎えさせること
今いる塾生をより幸せにすること
新たな出会いが輝かしいものとなる

そんな1年にしたいものです

それでは
札幌エリート塾をかわいがってくださった皆様へ
よいお年を~
写真

スポンサーサイト



講習会

ただいま冬季講習会真っ最中です
なかなか思うように日記が書けませんが
お許しくださいまし

発掘

講習会に使えるノートなどを持って来ようと
実家にいき、自分の道具箱をあさった。
昔、勉強したことや教え方などをまとめたノートが出てきたが
一緒におもしろいものが見つかった。

このたび、ソチオリンピックの
フィギュアスケート代表になった
浅田真央さんの・・・

お姉さんの浅田舞さんのサインである!!

実は、僕は彼女のファンだったのだ。
彼女が国体に出場するため、会場である苫小牧にいらしたとき、
僕は観戦しに行ったのだ。

当時からプロ並みの技術力を持っていた彼女は
圧倒的大差で国体を優勝。

そのとき、厳しいガードがついていた彼女だったが
運良く
本当に運良く
サインをもらうことができたのだ。
なつかすい

今度のオリンピック
妹の浅田真央さんには
ぜひとも頑張ってもらいたい。
オリンピック後の引退を表明しているが
全力で悔いの残らぬようにしてもらいたいものだ


写真

冬季講習会

日程の都合上
まだ冬休み前ですが
本日より、中3の冬季講習会スタート。
助動詞の意味を確認し、長文で練習したり
国語の文学的文章の読み方、記述を練習したり
中身の濃い初日スタートでした。

季節柄
健康管理には気をつけなくてはいけません
札幌エリート塾にも
消毒が導入
冬季講習会
がんばろう

写真

初めての・・・

この札幌エリート塾の日記
政治的・社会的なできごとは
時事問題に対応できるよう客観的に表現することを主とし
自分の意見はここでは述べないようにしている。
それは右も左も世の中には様々な意見があり
僕の意見を基準にはせず
世の中のできごと、世界の情勢からしっかり考えてほしいと思っている。
また、新聞やテレビでコメントする人は
どうしても意見がかたよっているので
そこもよく見てほしいと思っている。

そんな中、このたび最高裁判所でどうにも理解しがたい判決が出たので
それについて中3の公民になぞらえながら書いてみたい

今回でたのは一言で言うとこのような判決である
「新聞は真実でないことを書いても違法性はない」
つまり
「嘘書いてもいいんだよ」
ってことである。

これはどうなの?
たとえば新聞に
「札幌エリート塾はいっさい授業をしていません」って書いてもOK?
そう書かれてしまったら
わが塾はどうにも打つ手がないってこと?

しかも最高裁判所での判決なので
「三審制」をとっているわが国ではこれが確定です。

ちなみに実際の新聞にはどのようなことが書かれていたのかと言うと
無実の罪でつかまった男性
彼が逮捕されたとき
その新聞は
「防犯カメラに彼とよく似た男性が映し出されており」
と書いたが、実際にはそのような映像はなかったということ。
それで書かれた男性が訴えていたのです。

理由は
防犯カメラの記述は事実と異なるが
内容的には補足的だから
だそうです

このような意味のわからない判決を出した裁判官に対し
国民は「衆議院の総選挙時」に「国民審査」をすることができました

でも、やっぱり意味のわからない判決なので
これはじっくり読んで考えてみたい
そう思いました

長所2

数日前に人のよいところを見よう
と書いたが、その続編?

札幌エリート塾界隈には様々な塾がある。
この業界に長くいると、有名な塾は
どのような指導をしているか情報として入ってくる。

しかし、僕が心がけているのは
けっして他塾の批判・悪口は言わない
ということである。

教育を行っているが
サービス業である以上
様々な形態のサービスがあって当然である。
札幌エリート塾と違うことをやっているから
それが「悪」ということにはならない。
むしろ、学ぶべきことがあるかもしれない。

自分は以前、他塾の批判をよくする塾に在籍していたことがある。
それは、職員として決して気持ちのいいものではなかった。
そして、そのような塾だということは
生徒も感じ取ると思う。

理想はこの地域にある様々な塾が
お互いに切磋琢磨しあい
地域の学習に貢献していくこと
けっして足を引っ張り合うことではないと思う。

生徒にも
他塾のことを悪く言わないよう
また、同じビルに入っている
某塾の授業の妨げになるような
廊下で騒ぐことなどしないよう注意している。

そのようなことを心がけているからか
札幌エリート塾に通ってくれる
親御さんや生徒は
今まで出会ったことがないぐらい
素晴らしい方々だと思っています。

人の悪いところより
良いところを見る
それは素晴らしい出会いにつながる
そう実感せずにはいられない
2013年でした

ホームページ

札幌エリート塾のホームページ
ほとんど広告を出さない札幌エリート塾にとっては
ホームページこそが外部とつながる媒体
この塾はまだやってますよ~
それをアピールする最大の媒体なのだ。

いろいろな記事をかいているので
何人の人が見てくれたか気になる
それで、毎日ホームページにアクセスしてくれた人数をわかるようにしているのだが
ところが最近、その調子がおかしいらしく
何人きたかをチェックできないのだ。

まあ、普段とそう変わらないだろうが・・・

時々、毎日1人ぐらいでしょ
そう言う生徒もいるが(笑
実は、それなりに来ているのである。
それでも大手塾さんの数とかにはぜんぜん及ばないけど
たくさんの人が見てくれている
ありがたいことです。

夏も冬も講習会前は多くなる。
だから、きちんと情報を整理しておかねばと思う。

テレビ出演のときは通常の3~4倍になってびっくりしてもうた・・

サバオコーナー

写真

連絡用ホワイトボードに
なぜか
なぜだか
サバオコーナーが誕生してしまった

これは塾内連絡用ですよ

日程変更
進度
などなど(笑

しかし、
まだ一度も見ていないのに
サバオ
人気者で
家族の一員として嬉しいものです。

長所

動画をyoutubeにアップしていると
毎日、何人ぐらいの人が見てくれているか気になってしまう
たまに「高評価」を押してくれる人がいるし
チャンネル登録してくれる人もいる。
しかし、中には「低評価」を押す人もいるのだ。

低評価は今まで全動画で2つついている(笑
思ったより少ないだろうか?
この動画は当初、生徒が少なく
授業をすることがない学年で授業力を低下させないよう
緊張感を保つために撮影し始めた
自分にとっては研修のようなものだ

その中で低評価がついていると
どこが悪かったのか
振り返るよいきっかけにもなる。

・・と強がっておいて
それでもやはり良い内容のコメントや高評価のほうが
圧倒的にうれしい。

そもそも
人の悪いところを見つけることは
良いところを見つけるよりはるかに簡単なのだ。
どんなにスポーツのスーパースター選手だろうと
あら捜しするように見ていると
へたっぴなところも見つけることができる。
しかし、人の良いところを見つけるのは
見つける人自身にも能力がないとできないことである。

人のあら捜しをして喜んでいる人
人の悪口を言ってばかりいる人
たまには
人の良いところを探すようにしてみよう

世界が変わるかも

床屋

今日は久しぶりに床屋に行ってきた。
実は、今までは実家のある小樽に行き着けの床屋さんがあるので
そちらを利用していたが
9月ぐらいに切りに行ってから
なかなか、そちらに行く暇がなく
そうこうしているうちに髪もぼさぼさ伸びてきて
うっとうしくなるし・・・
極めつけは昨日
中1の凸レンズの説明
いつものごとく自分の頭を凸レンズに見立て
物体とスクリーンの説明をしたら
「レンズ髪ぼさぼさだ」
と失笑され
札幌の床屋で切るという重大決断をした。

どこにするか
歩いていてピンときたところにしよう(笑
初めてはいる床屋さんは緊張した

でもさっぱりしたニュータイプ高塚で
この12月から冬期講習会
乗り切っていきます

 ホーム  »  次のページ