FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

怪我

右腕が不自由だとなかなか生活するのが大変だ
何気なく動かしていた身体
実はこんなに頑張っていたんだと感心してしまう。

手首が痛むのだが
持つ、置く、引く、押す、そしてひねる
痛むたびに、知らないうちに手はこんなに活動していたんだね
そう気付いてしまう

怪我をしたのは災難だったが
あらためて身体を無理させないよう
実感できたのはよかったのだろう
スポンサーサイト



冬の贈り物


今日は日記を2つ書いているので、↓の日記も忘れずご覧ください


昨日は冷たい空気で路面が凍りつき
今朝は雪がたくさん降り
一面真っ白な雪景色
冬が来たな
きっと誰もがそう感じただろう
家の近くの木にも雪が積もった
僕は、木に雪が積もるこの景色が大好きである

写真2



そんな冬から僕にさっそくプレゼントが届いた。


それは昨日の昼のことである。


昼になり、寒さもゆるみ
凍りついた道も溶けて
僕は用事をすませようと自転車に乗った


普通に自転車に乗って、目的地への最後の曲がり角
なんとそこは日陰になっていたため氷が残っていたのだ
すっかり油断していた僕は自転車がすべると同時に
道路に投げ出され、顔面から着地
テレビ出演も果たしたお顔に痛々しい傷がついてしまった・・・



しかし異変を感じたのはその数分後

顔から着地したはずなのに、一番痛むのは手
まあ、捻挫でもしたかな?
そう思い、昨日の中1に事情を話し、
痛む手で弱弱しい板書をした


そいで今朝
痛みがまぁったく引かないので
家の近くの病院に行ったところ・・・




写真

こんなことに・・・
これが冬がくれたプレゼント第1号になってしまった・・・

今日の生徒は板書しなくてもいいですよと言ってくれた(涙
でも、気付いたら、普段と変わらない板書をしていた(笑
やはりどんな状況でも説明も板書も全力投球してしまう

決して自分が熱意有る先生アピールしているわけじゃないんですよ
決して・・・
熱意有る先生だと訴えたい
そういうわけじゃないんです
たぶん・・・

札幌エリート塾の放課後

光の屈折の授業のあと
コップを持ってきて実験をしました
学校と違って
たいした実験器具がないので
この程度しかできないが
生徒の反応は大喜びでした
まずコップ

写真

コップの底に物を置き、
それがコップの縁にかくれて見えない位置に移動
そのままゆっくり水を注ぎます

写真2

そうすると、あら不思議
底においてあった物(ここでは葉)が浮かび上がって見えます。
これは実際に浮かんでくるのではなく
光の屈折で見えなかったものが見えるようになっているのです。
浮かばないようテープで固定してあります

授業後、学習内容を実験しようとすることはとても素晴らしい

使命感とプライドと無邪気さ

時事問題がよく出題される学校の子はよく覚えておこう。

大阪の町工場が作った「まいど1号」という人工衛星があった。
宇宙へ飛ばす人工衛星を宇宙を専門にしている機関や大工場ではなく
小さな町工場の方々の経験と知恵を結集し作った人工衛星。

この「まいど1号」に対抗し、向こうが宇宙ならこちらは深海だ
そんな想いで関東の町工場が作った深海探査ロボットが「江戸っ子1号」
深海約8000mに住む深海魚の3D映像を撮影したのは世界初
そんな偉業をやってのけたのだ。

このようなニュースを聞くたび、日本の技術力の高さに感心してしまう。
そして、町工場で働く人の意識の高さに・・・
この意識の高さこそ我々札幌エリート塾が生徒に伝えたいことであり
この意識を持つものこそ人生のエリートになれると思う。

大企業でなくても、
専門機関でなくても
自分たちの技術ならもっとすごいことをやれる。

その技術力で世間をびっくりさせようよ。

使命感とプライドとほんのちょっとした無邪気さ
それを感じるのだ。

もちろん
生徒に伝えるには
自分がそのような気持ちを持っていなくてはならない。
札幌エリート塾は
教育への使命感とプライドとちょっとした無邪気さを持っている塾です。

死のツララ

日本ではかつては珍しくあまり見られなかった自然現象が
頻繁に見られるようになり、地球も大きな規模で変化が起きてきているのだなぁと感じる。
竜巻なんてアメリカでしか起こらないものというのが常識だったが
いまや年に何度かは日本でおきて被害を出しているし
自分の澄んでいる地域に「竜巻警報」なんて出たら
どうしたものか・・・と思ってしまう。

ところで、世界はやはりまだまだ広く
日本ではなじみのないことが起きたりする。
「ブライニクル」と呼ばれる現象をご存知だろうか

これは海中で起こる現象なのだが
塩分の濃度が高くなると、温度が低くなっても凍らなくなる。
氷点下を下回る温度になった塩水が海中に流れ込んでくると
そのあまりの温度の低さに周囲の海水を凍らせるのだ。
そのとき、海の中にツララができたように見える
これがブライニクル

burainikuru.jpg

見た感じすごい幻想的だが
このツララが通過したところは一瞬で凍りつき
海底には逃げ遅れたヒトデやウニが一瞬で凍り付いてしまうという

ちなみにこの画像を撮影するために
超低温の海中にダイバーは5時間もの間もぐって撮影したそうだ。


ヌーボー

近頃、鯖央人気が高まっている。
ぜひ、一目でいいから会いたいという声も聞かれるが
意外に乱暴な猫なのである。

ということで久しぶりに鯖央ネタを

11月22日にボジョレーヌーボーが解禁された。
僕は今まであまり夢中になって飲むことは無かった。
お酒自体も飲めることは飲めるが
家ではあまり飲まないので。
ところが、昨日別の用件で行ったコンビニで
店員さんからボジョレーヌーボーをすすめられた。
その店員さんとは顔見知りなのである。
いつもよくしてくれるので断るのも悪いと思い買ってみた。

家に帰り栓を開けると
興味を示したのは
うちの鯖央ちゃんである。
写真

本当に飲みたかったのかどうかはわからないが
ずいぶん長いこと、ボジョレーチェックをしていた。
「なに珍しいもの飲もうとしてるんだよ」
そんなことを言いたげな感じだった。

でも、ちょっと顔に近づけてやったのに
飲もうとはしなかった。
「私はもっと高級なワインしか飲まないんだよ」
そう言いながら寝床に帰っていった
・・・気がした

次は

ついに札幌エリート塾がテレビ進出(笑
でも、やはり夢はテレビCMも出してみたい

思えばいろんな塾がCMをしているが
これは面白い!といえるCMはなかなか無いよね

今後札幌エリート塾の目指す方向は2つある。
1つは北海道のテレビ局を制覇、そして全国放送進出(笑

そしてもうひとつはラジオにも出てみたいのだ!!

いつか夢がかなう日を信じ
今日も突き進め

突然の

昨日は突然に
生徒からの進路相談を受けました
そのため日記はお休みさせていただきました。

どんな時でも生徒第1主義
札幌エリート塾でした。

人生初の

経験をしてしまいました。

先日、教室の大掃除をしているという日記を書きましたが
その理由をお知らせします。
なんと
ななななんと

「札幌エリート塾」がテレビに出ます(〃▽〃)
私の声も出ると思います。
もちろん姿も・・・

その撮影があったのです。
21日(木)のU型テレビ
夕方5:30以降のどこかで出るらしいのですが

テレビカメラが自分の方に向けられるのも
ピンマイクをつけるのも
何もかも初の経験
そして
あの
誰もが一度は見たことがあるであろう
元気な女性リポーター
石井ちゃんこと
石井雅子さんの質問を受けることとなりました。

テレビの中と同じく明るく
それでいてすごく気さくで礼儀正しい人で
一緒にいた生徒のみんなも石井さんのファンになってしまったよう

この取材をお受けした理由はいくつかあります。
もちろん札幌エリート塾を多くの人に知ってほしい
というのもありますが
生徒にとって
自分の所属している塾が
テレビの取材を受け
そしてその様子を見ることができる

その経験って一生に何度もないと思うのです。

そんな経験をさせてあげたい
その経験が笑える楽しいものであればなお良い
そのような想いがあったからでした。

マスコミに興味を持つ人が出たら
それはそれでこの取材を受けた意味があるな~
そう感じたりしました。

痛恨!
写真撮ってもらうの忘れた~
テレビ慣れしているかしていないか
本当に大きいなと感じました。

石井さんからは
「今度はぜひUHBのスタジオに」といわれました。
覚えていてくれてるかな
今度はそのとき、ぜひ写真を撮ってもらおう

僕の予習ノートにしてもらった
石井さんのサイン

写真

大掃除

今日はテスト対策授業終了後
教室の大掃除(中掃除?)
なぜ、掃除をしなきゃいけないのか
その理由は後日発表します。
それではまた!!

 ホーム  »  次のページ