FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

オブジェ

最近生徒数も増えてきて、
そして生徒たちも塾になれてきたからか
塾に対して生徒から様々なアクションがあり
これがまた面白い。
先日書いたどんぐりといい
生徒がくれたものはなんでも飾りたくなる僕としては
けっこううれしいのである。
そんな中
新たなオブジェが登場した

写真
なんか一見すると飛んでいる鶴のように見える
しかし、芸術作品とは
鑑賞する人が鑑賞して独自の解釈を持つもの
見えるまま見てもらうことが芸術である。

今後は僕の肖像画を描いてくれるとうれしいな
できればかっこよく・・・
スポンサーサイト



虫歯予防

歯を大事にすることはとても大切なことである
万が一、入試近くで虫歯になったら
治療にいくだけで余計な時間がかかってしまうし、
試験本番で歯が痛くなっては泣くに泣けない

もちろん歯をていねいに磨くことがとても大切なのだが
歯磨きだけでは完全に歯をきれいにできないので
定期的に歯医者にいくことが良いという。

でも、普段の歯磨きをより効果的に行えるとよいと思う。

そこで僕が現在はまっているのが
よく、歯医者さんが使う、口の中を赤く染めるというあの薬だ。
歯医者さんにいけば安く売ってもらえると思うのだが
普通に磨いた後、歯につけてみると
あらあら・・・
結構まだ汚れが残ってたのね・・・
とあちこち赤くなる。
歯の汚れが目で見てわかるので
あとはそれを落としていけばよい。
しっかり赤い部分を落とすと
普通では味わえないぐらい、歯がつるつるした感じになる。

とはいえ、これをやると歯磨きに2~30分ぐらいかかってしまう。
毎日はできないのだが
たまにやると面白い。

セミナー

本日、とある塾業界のセミナーに参加してきた。
一人でやっているとどうしても自分の殻に閉じこもりがちになるし
他の塾の方々と触れ合うのも刺激になる。
なので、この種のセミナーにはできるだけ参加したいと思っている。

セミナーの内容は新しい教育ツールの紹介が主なものだった。
事前に生徒にいくつかの質問に答えてもらい
その答えにより生徒をタイプ分けする。
そして生徒のタイプごとに授業の仕方を変えるという
まぁ、個別指導向けの教育ツールだったのだが
正直「すごい」と感じた。
道外の塾が開発したツールでこれを使用してから売り上げが何倍にもなったらしい
「売り上げ倍増」という言葉で目を輝かせた塾の先生がいたのは面白かった(笑

生徒のタイプによるそれぞれの説明のしかたが具体的に記されており
同じ単元でも複数の説明の仕方がある
それを生徒によって使い分けるとのこと

その効果は
経験の少ない先生でも高いレベルの授業ができる
生徒の個性に合わせた指導ができる
というところだろうか・・・

確かに「すごい」と思ったが
同時に「うちには必要ないな」とも思った。

確かに生徒の個性に合わせた指導は大事だが
だからこそ分類分けはしたくないと思っているのだ。
たとえば100人を5パターンに分類して5通りの授業をしたとしても
100人はやはり100パターンなのだ
しかし、いくら僕でも100パターンの対応は不可能なのだ
だからこそ、最大10名までの授業体制にしている。

確かに、そのようにマニュアル化してしまえば経験のない先生でも
よい授業はできる。
でも、札幌エリート塾はだからこそ、自分ひとりでやっているのだ。
アルバイト希望の話は何件かあったが
申し訳ないが、自分にはできないことをできる人しか採用するつもりはなく
今のところすべてお断りさせていただいている。

もちろん、そのツールを否定するつもりはなく
とてもすごいものだと思ったし
開発した塾は高いレベルの問題意識を持っていたから開発できたのだと思う。
ここはすごいと思ったし
いつの日か、札幌エリート塾からも教育に関して、
何らかの方法を発信できるようになりたいなと思っている。

大学などの研究機関、病院などの医療機関は論文を書いたり学会というものが有り
日々、新しい技術を公表し全体のレベルの向上を図る活動がある。
ところが塾業界にはそれが一切と言っていいほどないのだ。
各塾が開発したツールや生徒指導の実例は
その塾内だけというのが当然なのである。
もちろん営利企業である以上、企業秘密を持つことは当たり前のことである。

しかし、その中で自分のツールを公開した今回の塾や(もちろん販売目的なのであるが)
僕がノウハウの指導を受けている師と仰ぐ塾
このように営利という枠を超えて
塾の情報公開が進んで、日本の教育レベルに今以上良い影響を与えられる
塾というものがそのような業界になればいいなと思っている。

ちなみに
生徒を分類して何パターンかの授業を用意しておくやり方
それに魅力を感じる方もいらっしゃるかもしれないが
これについては私が新卒で入った大手塾で既に仕込まれていた
クラスの特性を見て、指導方法を変える
その塾は今も大手として君臨しているが
大手塾の持つ能力はやはりすごいなと思うし
そして、そこで培った力がやはり自分の原動力なのだと感じた


真剣さ

札幌エリート塾ではテスト対策期間は
「特訓テスト」がなくなり、全て授業を行っている。
もちろん、解く問題量はかなり多く、少なくとも楽な対策授業ではない。
でも、その中で生徒の様子を見ていると
答えだけじゃなく先生の話したことを書いている生徒
間違えた問題をノートに写している生徒
真剣に取り組む生徒たちを見ることができる。

しっかり強い気持ちを持ってテスト
そして受験に立ち向かってほしい。
「一念岩をも通す」

強い心こそ物事を成し遂げるのに必要なのだ

どんぐり

生徒がどんぐりを拾ったとのこと
でも、形が面白いということで見せてもらった。
確かにつぶれている
丸い形はしていない
でも、これはお供えとかにぴったりだ。
招き猫のお供えにさせてもらった。
今年はどんぐりが不作で山の熊もお腹をすかせているという・・・
このどんぐりを狙って熊が侵入してきたら・・・
分けてあげようかな・・・

写真どんぐり

黒板に

1年生の授業後おばけが登場
ハロウィンだからでしょうか。

写真2
写真
ハローとかわいらしく登場した豆さん

一方
人生に悩みつつ前進しつづける受験生
さまざまなドラマが繰り広げられる
札幌エリート塾

正体判明

札幌エリート塾のキャラクターができたようです(笑
写真1
写真
この前の振動騒動の原因は彼らなのでしょうか(笑
とにかくかわいいキャラクターを作ってくれて感謝です。
実は黒板にも出没中です。
それは
またご紹介します。

きちんとラブブの法則も出てきています(エライ!)

埒が明かない

物事が進展しない
解決しない
そのようなことを「埒(らち)が明かない」という。

このことわざに使われている「埒」とは「柵」のことであり
主に馬場に設けられ、馬が外に出ないようにしている柵である。
昔、お祭りで馬が出てくるのを待っていた人が、なかなか埒が明かず
馬が出るのを待ちくたびれたことからできた
など語源には諸説ある。
ちなみにこの「埒」が開くことを「明く」というので
開かないではなく「明かない」なのである。

しかし、現実、どうしても埒があかないことがある。
物事がうまくいかなかったらどうしたらよいか。
間違っても強引にいってはいけないのだな
そう感じるニュースが飛び込んできた。
競馬の馬が練習中に何らかの拍子でこの埒を飛び越え
それが原因でパニックになってしまい
側溝にはまり動けなくなったというのだ。

この馬が埒を飛び越えたのはアクシデント的なものらしいのだが
物事がうまく進展しないときに強引にやろうとすると得てして失敗することのほうが多い。
ポテトチップの袋が開かないので、強引に引っ張ったら中身が飛び散った
なんてことは経験有るだろうと思う。

塾生のみんなも勉強などうまくいかないと思ったら
投げやりになってはいけない。
僕に相談してくれれば優しく埒を明けて見せよう(笑

「埒が明かない」ときは気分を変え
誰かに相談するのが一番である。

ポルターガイスト

今日の日記は怖いです・・・
苦手な方はご遠慮・・・
する必要ないです(笑
実はたいして怖くないので

今日の中3生の授業中に「机がひとりでに揺れる」との声が
なんどか確認してみたがゆれているといえば揺れている
ということでその子を別の席に移動し、あとは何事も無く授業をしたのだが
ここで思い出したのが、「ポルターガイスト」
物を勝手に動かしたりする西洋のお化けだ!
まさか、そんなものがいるわけもないが
原因はわからず。
ただ1つ思い当たるのが、今、建物の裏で道路工事をしていること
もし、その時間まで長引いていれば可能性がある。

実は、ポルターガイスト現象が報告された例はいくつかあるらしいが
そのほとんどが原因が究明されている。
一番有名なのは
ヨーロッパのある町で
アパートの住人がテレビを見ていたところ
テーブルの上のグラスが勝手に倒れたり
食器棚から皿が出てきたりしたとのこと。
しかも、同じアパートの別の部屋でも同様のことが起こり
このアパートにはポルターガイストがいるのではないかと騒然になった。
もう数十年も前の話だけど。

ところがよく調べるとこの現象の起きる時間はほぼ一定なのだ。

真相はこうだった。
実はその時期、テレビで大人気のドラマが放映されていた。
そのアパートの住人もほとんど全員がそのドラマを見ていた。
そしてそのドラマが一旦CMに入るとき、
住人たちは一斉に我慢していたトイレに行ったというのだ。
そしてたまたま偶然に一斉にトイレの水を流したところ、
その勢いによる振動でグラスが倒れたり皿が飛び出したりしたというのだ。
ちなみにそのドラマの放映が終了してから
ポルターガイストは現れなくなったようだ。

つい最近も日本でこんなできごとがあった。
ある会社の近くにライブハウスが建設された。
そしてそのライブハウスでライブが始まったところ
観客が盛り上がって飛び跳ねる振動が
その会社にも伝わり、事務所は振動で悩まされることとなった。
ライブハウスに振動の規制を要請したという。

実は
不思議な揺れの原因は意外なところにあるものなのだ。

ふぅ

ようやくyoutubeに授業動画をアップすることができました。

この授業動画
苦手な人の多い単元を中心に載せているので
授業での必殺技とかウケとかはあまり考慮していません。
なのでそんな面白い動画ではないのですが
それでも高評価がついているとうれしくなります。
今回アップした合同の証明は
まだ6人しか見ていないのに1人が高評価をしてくれた。
100超えてもついていないのもあるのに。
無反応より高評価されていると嬉しくなりますね~
ありがとうございます。

でも
授業での面白い覚え方
興味を引く話は
塾生のためのものであるので
結構隠してあります。
ごめんなさい・・・

イオンや歴史などは
リクエストにより授業をしてアップしたものです。
もし、リクエストがあれば
こちらのHPの連絡先より
リクエストください。

その単元を載せます

札幌エリート塾HP

 ホーム  »  次のページ