FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

やるきがありゃできるよ

私立入試A日程は今日でしたし
来週はB日程
3月5日は公立高校入試

もうあとわずか
でも最後の最後までがんばりなさいよ。
最後は苦手科目の克服は無理とか
得意科目だけにしぼりなさいとか
いろいろ言われるかと思うけど
あと18日だろうと
気持ちを強く持てばまだまだいけるよ。

自分は超がつくほど機械音痴で
パソコンの設定すらろくにできない
ぜんぶ人にやってもらった(ひろみさんに)

でも、今、ひろみさんは最後の一瞬まで
一生懸命生きようとがんばっている
僕も、ひろみさんと生きた証を残さなきゃと
古いガラケーひっぱりだして
電気屋さんに方法聞いて
古いガラケーのデータをパソコンに移したよ
なんども試行錯誤して

やらなきゃと思ったら苦手なことでもできたよ。

だから若かりし頃のひろみさんの写真がパソコンに移ったよ
生徒と約束したからね。
あまりはっきり写ってないものだけ見せてあげる
PAP_0091.jpg
PAP_0085.jpg

スポンサーサイト



定山渓第一ホテルすいざんてい最高

日記といいながら昨年の8月のことです。
昨年の夏期講習会が終わった8月
疲れていた僕は、温泉に行きたいなと思っておりました。

しかし、その時、ひろみさんの体調は悪化していて
横になっている時間が長く必要になっていました。

そこで部屋から大浴場までの移動がひろみさんは困難と判断して
宿泊場所はお部屋にお風呂がついているホテルにすることにしました。
まぁ客室露天風呂というやつですね。
移動時間も考えて場所は定山渓
そこで「第一ほてるすいざんてい」に泊まることにしました。
字が難しいホテルなのでひらがなでお許し下さい。

予約の人に事情を話すと
必要な物をほとんどそろえてくださいました。
車いすはもちろん
お風呂で使う介助椅子
そして食事の時間はスタッフの方が部屋まで来てくれて
車いすを押してくれました。

食事会場への移動は段差は通れないので
段差の無いスタッフの通路を通らせてもらいました。

スタッフの通路からは
厨房の様子が見え、調理の人がしている仕事の説明もしてくれました。
すごくスタッフの方が温かいホテルでした。
体が不自由なのに嫌な顔もせず対応してくれて
楽しい思い出を作れるように対応してくれた感じがありました。
僕の中では最高のホテルのひとつです。
おすすめです。

ひろみさんの体調がよくなったらもう一度行きたいものです。

細かな心遣い
温かなスタッフ

塾の運営にも勉強になりました。

すいざんてい
そのときのメインディッシュ

最近のひろみさん

なにしろひろみさんが闘っている病気は
脳の病気なので
進行してくると脳の働きに影響が出てくるらしいのです。
昨日あたりから記憶や意識につじつまのあわないことが多くなり
少しずつ悪化しているのかな・・・
とも思ったりします。

今回、講習会中でも
朝出勤前にできる限り顔を出すようにしました。
帰りも消灯過ぎの時間ですが寄るようにしました。
確かに疲れますが
疲れるぐらいそばにいないとなにかあったとき後悔しそうなもので。

ただ状況的に結婚式が難しくなってきたかな・・・という感じもします。
あきらめているわけではありませんが
期待して応援してくれた皆様には感謝しております
ありがとうございます。

もし、ひろみさんになにかがあったとき
塾の家賃と自宅の家賃を払うのも大変なので
いっそ一軒家を購入し
塾仕様に改装し
そこに住みつつ、塾をやろうかと考えたりもします。
この南22条西10丁目周辺で
リフォームしたら今と同じ広さの教室が2つとれる建物があれば
購入するかもしれません(笑

なにか良い物件がありましたらお知らせ下さい。

温泉好きな私が想い出に残っているのは
昨年の8月、体調が悪くなってきているひろみさんと
定山渓に泊まりに行くことができました。

そこのホテルのスタッフさんがほんとうに一生懸命
ひろみさんの車いすや食事の準備をしてくれて
温泉にも入れるよう道具を準備してくれて。
これは温泉好きの僕にもすごく良いことでした。
とても楽しめたし最高の思い出になったので。

もしかしたら
僕にとっても人生最後の温泉になる可能性が高いわけで
(一緒に行く人がいないですからね~)
それをホテルのスタッフさんのおかげで最高の思い出にできたのは
とてもよかったです。

・・・あっ定山渓合宿があるか

札幌エリート塾と浩美さん

さて、何日かにかけて
僕の彼女の浩美さんのことと
札幌エリート塾にとってどれだけ大切な人かを書いてきました。

もちろん、まだまだ浩美さんについては
話したいことはあるのですが
基本的に一般の方ですので
あまり個人情報に関することはどうかと思うので
札幌エリート塾と関わってきた部分のエピソードなど
書きたいときに書いていく形にしていこうと思います。

おそらく明日、あさっては日記を書けないと思うので
来週からは今までどおり
札幌エリート塾の日記にもどります。



ある方がコメントでおっしゃってくださいました。
「辛い・苦しい」という気もちは話せないことがつらいことで
誰かに話すことで気持ちが落ち着くことがある


振り返ってみると
私にとって、今までそのような役割をしてくれたのが
浩美さんでした。
そしてこれからも浩美さんですね。

そして、今回はこの日記こそが
その役割を果たしてくれていたのだなと思いました。
たくさんの方が「拍手」ボタンを押してくれ
コメントもいっぱいいただきました。
(このコメント欄だけではなく直接にくださった方もいらっしゃいます)

この数日の日記で
気持ちはかなり落ち着きました。
どうもありがとうございました。



そうそう
結婚の話
生徒たちはとても盛り上がっております。
ほんとうにありがとう。

コメントでもいただきました。
計画していることが一番楽しい・・・と
現実問題として起きている時間がかなり短い浩美さんに
ほんとうに結婚式ができるかどうか
ほんとうに難しいところであります。

だけど計画することが楽しく
そしてそれが生きる力につながるのであれば
私は実現にむけてがんばりたいなとも思います。

開業当初の札幌エリート塾と僕と浩美さん

昨日の結婚の話は
なかなかに反響が大きく
ブログを読んでくれている生徒からもちらほら

現実問題、この状況で結婚って
すごくハードル高いと思うんですよ。
だけど、最後まで幸せにいたいし
なんかあったとき悔いを残すのも嫌じゃないですか
そして、好きな人だからこそ結婚したいですからね(*´∀`人 ♪

浩美さんは看護師さんです。

(あまり個人情報を書くと出演料を要求されちゃいます)
前に一緒に作り上げてきた塾と書きました。
浩美さんは普段は自分の仕事をしながら休みの日は
塾に必要なものを買ったりしてくれていました。

開業当初は一ヶ月は生徒がいなかったんです。
そのときの浩美さんからのプレッシャーは半端無かったです(笑

「早く生徒集めなさい!」コラッ(`・o・´)۶ ☆(;>pq<)イ

そして少しずつ生徒が来てくれるようになったら

「いつまでも私の経済力をあてにするんじゃないの
一人でも暮らしていけるぐらいに早くなりなさい」

いつも言われていました。

・・・まさかね
こんな形でそうなるとは・・・


そんな厳しい自分を自覚していたのか
いつしか「札幌エリート塾のCEO」を名乗っていました。


だけども浩美さんは直接会ったことはないのに
とにかく生徒を愛し大事にしてくれていました。



当初は定期テストの日は早朝対策を行っていたのですが
朝から、生徒用の朝ごはんを作ってくれてたのは浩美さんでした。
私は5時50分頃家を出るのにあわせ
その時間までに生徒が食べられる「サンドウィッチ」「スコーン」などを
作ってくれました。
自分の仕事があるのに早起きしてです。
これは生徒からかなり好評でした。

僕が生徒を喜ばせたい!という気もちでやっているから
浩美さんが応えてくれたのか
それとも浩美さんのそのような姿を見て
僕がそう思うようになったのか

どちらにしても
やはり2人で作り上げてきた
大事な大事な札幌エリート塾です

 ホーム  »  次のページ