FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

in on at to without

前置詞は
名詞の前に置く詞という意味ですよ。
前置詞の後ろに動作がくる場合動名詞です。
ただしtoが不定詞の場合は原形です。
look forward toの後ろは動名詞ですが
多くは(ほとんどは)不定詞です。

英語も数学も
裁量対策で難しい物をやるのは良いのですが
絶対の問題数を確保しましょう。
難しいものを時間かけて解くより
たくさんの問題を解いたほうが
ひらめく可能性があります。

数学は計算、展開、因数分解、面積、体積
確率、資料、関数の式など
すぐできる問題をたくさん解くこと。
夏のテキストの後ろの小問集は
こういうとき最高です。

英語も文法問題、穴埋め問題
適語選択、単語や熟語の暗記
短い英文を読む
簡単なものでいいからたくさんこなしましょう

今年の中3生は
札幌エリート塾史上最高だと思っております。
がんばれ

・・・ん?何が最高かって
私との相性が(笑


スポンサーサイト



本日の最長記録

本日は朝9時から受験生対策をしていて
最後の生徒は今までお勉強
途中休憩を考慮しても
約11時間
よく頑張りました。

あと残すは

私立高校のB日程の試験
たいへんお疲れさまでした。


熟長会のページでたいへん恥ずかしい思いをしてしまいましたが
私立高校の入試を通じて
初めて知ったことがありまして
何歳になっても勉強だな~
そう思ったのです。

私立高校の入試でも
そこから新たな知識を得ることができるのです。

実は私は
昨年の公立高校の理科
地学分野は地震が出題されると読んでいました。
もちろんその年は大きな地震が北海道であったこともあり
地震は出題されませんでした。

P波やS波の速さだけでなく
初期微動継続時間と震源の距離の比例の関係から
震源までの距離やそこから発生時間を求めさせる問題は
怪しいと思って、私立入試前は練習していました。

同じような感じで出題されている学校がありましたね。

まぁ私が初めて知ったのは
マグニチュードについてなのですが
ほおおという感じでした。
ってことは教科書の記述は正確ではないということ??

まぁそれはさておき
常々言っていますが
同じ問題が出た時に
「あっ、これなんだっけ?」とならないように
解けるようにはしておきましょうね。

ただわからないよりも
知っているのに思い出せない、解けない
こちらのほうが精神的ダメージ
でかいですよ。

明日は中1、中2はお休み
9時から17時までの入試対策です

この時期の話題といえば

中1、2は定期テストが終わり
中3は公立入試まであと2週間
私立入試は真っただ中
こんな中で以前漫画で見た
アイスの実にサイダーかけて食べるを
昨日真似してみたら非常に美味しかった!
なんて話題を書くと
せっかく読んでくれている方が離れて行ってしまいそうで
やはりテスト関係になってしまう。

中学生はテストが返されているが
2学期のテストが難易度が上がっている分
失敗を生かそうという意識が強く
取り組みは非常にまじめだった。

それでも
勉強が得意な子と苦手な子
特に苦手な子は不得意科目の点数が安定せず
上は80点台なのに
下は・・・という子がいる。

中学の勉強では
そんな致命的になるほど得意不得意が生じるような
内容ではないので
その気になれば克服できる。
当初英語が2だった僕が最終的に得点源となったのが
良い証拠だと思う。

もしテストの点数にばらつきがあるのなら
覚えていてほしい。

どの教科も
上の科目の点数と同じだけの点数を
とることができる!


それだけの学力があるということだ。

ただそのためには真剣に勉強方法を
見直さないといけないよ!

他の科目より真剣に勉強した?
「苦手科目だから」って自分や周りに言い訳してない?
実は勉強時間に大きな差があったりするけど君は大丈夫だった?

得意不得意はありえないといっても
好き嫌いは生じるので
嫌いな科目の勉強を避けていては
克服することなどできやしません。

お母さまから「この点数はなんなの」と怒られたとき
「苦手だもん」と答えると
自己暗示がかかりますよ。
ほんとはやればできるのに
「自分はこの強化が苦手」と信じ込んじゃって
それが最後まで足を引っ張るみたいな・・・

苦手科目に関しては

次のテストは絶対できる
だって最近面白いもん

ぐらい言っとくほうがちょうどいいと思っています。

中2だって
あと1年あります。
中1なんか
あと2年もあるんですよ。

自分の可能性を信じ
苦手科目を自分から作らない
そんな感じでいきましょう。

入試予想演習

1月と2月はお正月を含めて
毎日お仕事という状況で通過しそうだ。
なにげに今年に入っての労働日数は
全国1位タイであることは間違いない。

さて
昨日の日曜日から
進学舎さんで出している
入試予想演習を使っている。

昨年に比べ倍率が高い藻岩高校
昨年はなんとか全員合格に持って行けた。
今年の点数を見てみると
昨年の同じ問題より40点ほど高い。

今年の藻岩高校受験生はけっこう得点力があるぞ。

毎年同じ問題なので
昨年の点数と比較できるのは良いところです。
東西南北も昨年並みです。
最低限の得点能力は全員早い段階でついているので
残りでどれだけ伸ばすか・・・か

報告
鯖央社長が昨日
腰痛が発覚以来初めて高いところにのぼっていました。
だいぶ普段通りの体調になったようです。

でも
高いところに上る=高いところの物を落とす
そんな鯖央なので
高いところにのぼれるまで回復できてうれしい反面
私が寝ていると隣のリビングから
「ガシャン」だの「ドスン」だの聞こえてきて
「うるさい」と怒鳴る日がまた再開しました。

 ホーム  »  次のページ