FC2ブログ

プロフィール

札幌エリート塾

Author:札幌エリート塾
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

倍率が発表になりまして

本日公立高校の倍率が発表になりまして
僕はこの数値は落ち着くところに落ち着いていると思っています。
なのでそんなに動かないだろうと

昨年の東や西のような1.7や1.8は(一部を除き)なかったので。

そして北海道学力コンクールさんが
第一志望で登録した人の人数から割り出した予測も
だいたい予測通りでして。

札幌南高校
320人定員のところ394人出願。1.2倍。
今回はなんちゃってAランクなどが
身の丈にあった出願をしたというところでしょうか。
道コンのデータから見ると約80%がAランク。
約300人強がAランクと考えるとAランクは必須のような気もしますが
なにしろ毎年大逆転の多い高校ですから。
Aランクで道コン平均SS68をとっていた人ですら不合格になる高校です。

もしAランク、Bランクと区切る方法で合否を決めているなら
Aランクは非常に有利ですが、
1点に多くの人が集中する高校の場合は
内申ランクではなく内申点でみられるケースも想定されます。
その場合、296点のAランクと295点のBランクは
1点差しかないこととなります。

そして私にはその高校がどのように合否を決めているか
これは絶対漏れてこない情報なので
わかりません。
自分にとって厳しいほうで合否を決めていると
考えて準備していきましょう。

あと学校裁量枠の10:0
数年前にFランクからの合格者が出ております。
10:0は内申点がまったく関係ないということ。
320人×15%の48人以内。
上位48位に入っちゃえば南はほぼほぼ合格確定です。

以前、この札幌エリート塾日記にいただいたコメントの中で
南校に合格する人は内申の差なんか
関係ないぐらい逆転を決めることができる
天才秀才がごろごろしている
と書いてくださった方がいらっしゃいます。

やっぱり南高は学力において
高いレベルでの勝負となるのでしょう。
内申での不利はあっても有利は考えないほうが良いです。


札幌西
320人定員のところ485人出願。1・5倍。
3人に1人落ちる計算ですね。
落ちるなんて考えちゃだめですね。3人中2人が合格です。
おそらく倍率そんなに変動ないと思うんですけど、
見た目だけ同じというケースがありますので注意してください。

どういうことかというと
出願変更後の倍率をみるときは
南高校も一緒に見てほしいということです。

南高校の倍率が下がっている場合
志望校変更は西にするケースが多いと思うのです。
その南から流れてくる人数と
西を危ないと判断してほかの高校に変える人数が同じ場合
見た目の出願者数や倍率が変わらないというようになります。
しかしその中身は
南を検討していた高学力者が入ってきて
西が危険ゾーンであった低学力者が出て行った
という変化が内部で起きています。

南が下がっているときは
勉強のギアを1~2段上げるべきです。

札幌旭丘
定員320人中出願492人。倍率1.5倍
ほんの少しですが西や東より人数の多い1.5倍です。
出願した492人の中に推薦が80人います。
推薦枠は64人なので推薦の不合格者は確実に出ます。
64人いっぱい合格するというわけでもないのですが
推薦は中学校が
「この生徒は一般の入試なら確実に合格できる」
と判断した生徒が推薦されると考えてください。
この80人は推薦が不合格でも旭丘に再出願して
合格するとみておいたほうが良いと思います。

ちなみに札幌エリート塾でも
かつて旭丘の推薦を落ちた子たちは
その後、再出願して
いずれも余裕で合格していきました。

ということは240人の枠を412人で争うと考えて準備したほうが
良いのではないかと思います。1.7倍ぐらいですね。

札幌エリート塾の近辺で注目すべきは
藻岩と平岸が上がっていることです。
道コン受けている方ならわかるかもしれませんが
Cランクが多いです。しかも昨年より増えています。

私の印象ですが
このあたりの高校からやや採点が優しめな印象があります。
また藻岩は昨年の易化した入試から
200を下回ると危ない
そういわれていたのですが
いざ、合格発表では
「ん?」という点数まで合格しています。

全員が高いレベルで得点できる層ばかりではない
そんな感じも持っています。
ということは
合格に必要な力を持っている人は
それほど倍率を気にする必要はないと思います。

例年、その後の追跡調査を見ても
あまり逆転の起こらない高校であります
とにかく合格圏内に入る学力をつけることを最優先に

と、いろいろ書いてきましたが
あくまで数字から見た私の感想です。
実際はどんなものかふたを開けてみないとわかりません。
わからないから必死で努力できるんです。

高校入試んて単純です。
ほかの人より1点でも多い人が合格できるんです。
同じような学力の子が受けるでしょうから
人より1問でも多く問題を解いていけばいいんですよ。
あと5週間ですけど
合格するレベルを一歩上回る努力をしてください。

そして
どんなに倍率が高くても
ボーダーラインに大きな変化はないです。
あまり倍率に踊らされないようにしましょうね。

受験生の皆さん。
札幌エリート塾の受験生も
そしてほかの塾さんの受験生さんも
塾に通っていない受験生さんも

あともうちょっとですよ!がんばって!

スポンサーサイト



パソコンが新しくなりました

現在新しいパソコンからブログを書いております

某Y電機さんに
パソコンを買いに行ったとき
普通に安いやつにしようと思ったんです。
でも、安いやつの隣に白くてかっこいい
少しお高めのパソコンが売っていたんです。

店員さんに
「この値段の差はなんですか?」って聞いたら
両方同時に電源を再起動してくれまして
やっぱりお高いほうが格段に立ち上がるのも
そのあと、何を起動させても早いんですよ。

「この快適さの差ですね」
とどや顔の店員さん

私も「すげー」と感心したわけです。

というわけでそのお高いほうを買ったと思うでしょ?

違うんですよ。

まぁいちおうそのお高いほうが
当初の予算より4万円ほど高かったのですが
それぐらい良いか・・・
そう思って
「こっちにします」と言ったのですが
店員さんに在庫を見てもらったら
あ~こちらは人気商品なので5週間待ちですね
と言われ、
しょうがない安いほうにするか
と思ったら
さらに隣に
もう5万円ほどおたかいパソコンがあるんですよ。

こっちのほうが良いですよと言われ
そちらにしたんです。

なので
今、とても快適です。

大失敗

昨日は教材会社さんのセミナーがあり
教科書改訂などのお勉強をしてきたのです。

その内容よりも
出掛けにショックなことがありまして

そうですね
今をさかのぼること1月前でしょうか

これから冬休みが始まる
そんな頃のお話です。

これから冬休みが始まるし
風邪など引いている場合じゃない。
健康に良いものを食べ
体力をつけよう。
あっ
そうだ!乾燥は大敵
特にしゃべるお仕事だから
教室と部屋の乾燥には気をつけよう!

などと思っていたときに
ふっと面白い光景を見たのです。
それは家でシャワーを浴びた後
お風呂場のドアから多量の湯気が
室内に流れていくのを・・・

これって普通に加湿してくれるんじゃね???

そう思って朝シャワーを浴びまして
そのまま換気扇を回さずドアを開け放しておいたのです。

異変に気づいたのは数日後
やたらドアの金属部分や窓枠に結露が・・・

もしやこれはシャワーの湿気か

そう思って
再び換気扇を回すようにすると
結露は1日でほぼなくなりまして
シャワーの湿気ってすごいんだな・・・
そう思っていました。

さて
昨日のことです。
セミナーに行くぞ
セミナーでは資料をいっぱいもらえるからカバンを持っていかなきゃ
そう思って押入れからカバンを出すと
カバンにカビが・・・
えっ
と思って押入れを見ると
押入れの一角が湿っているではないですか・

多量の湿気のおかげで
風邪は引かなかったのですが
来年の冬はきちんと加湿器で加湿しよう
そう思った出来事でした。

ちなみに
私は人生今まで
インフルエンザにかかったことがありません。

本日の日記はお休みです

今日は朝から
教材会社のセミナーに行っていました。

そして受験生の授業は
休み時間が減るぐらいハードな授業でした。

そして
今まで問題の解きなおしを行っていました。

疲れました。
今日の日記やすませてください・・・

強くなる

私は意外と食べ物に好き嫌いがあります。


もちろんいい大人ですから
料理の中に嫌いな物が入っていても
普通に食べます。


にんじん、しいたけ、とうもろこし・・・
実は鶏肉もそんな好きではありません。
でも食べます。



でもどうしても食べられないものがあります。
ひとつは牛乳です。


これは塾生の間では超有名でして
とにかく牛乳は駄目です。



もうひとつは意外なものが嫌いです。





ケーキに載っているイチゴです。





生クリームの甘さに対してイチゴ
すっぱ過ぎるんです。
梅干以上に感じてしまうんです。僕は・・・




さてセンター試験も終わり
毎年のごとく
テストの出題内容に対する恨みの言葉が
ネット上にたくさん出ておりますが
とりわけ、今年は来年からのテストが変わるということで
それが影響していると
例年より恨み言が激しい気がします。


僕はいつも言っている通り
本当に実力のある者は
どのような試験でも点数が取れる
そう思っているので
傾向が変わったとしても点数をとれる実力をつけるべきだし
傾向はおさえつつ蛍光(間違えました…傾向ですね)は変わると常に思っておくべきでしょう。



楽しんで強くなる
楽しむために強くなる



弱点を抱えたままでは
楽しむことができません。
楽しむ領域は狭くなります。


テストで点数取れる実力が付くと
勉強するのが本当に楽しくなります。
勉強を楽しむために
辛い時期を乗り切って強くなりましょう

私もイチゴが食べられないので
買えるケーキの範囲が少ないのです

 ホーム  »  次のページ